映画『銀河鉄道の父』宮沢賢治を支えた父とその家族の愛が心に響く場面写真が公開!

記事内に広告が含まれています。

役所広司が主演の映画『銀河鉄道の父』が5月5日(金・祝)より全国公開となる前に、新たな場面写真8点が公開された。役所広司が菅田将暉を涙ぐみながら抱きかかえるカット、菅田将暉が笑顔で森七菜に本を読んであげるカットなど。

映画『銀河鉄道の父』
映画『銀河鉄道の父』

本作は世界中から愛される宮沢賢治が「ダメ息子だった!」という大胆な視点を軸に、大量の宮沢賢治の資料の中から父・政次郎について書かれた資料をかき集め、究極の家族愛を描いた小説「銀河鉄道の父」(門井慶喜著)を成島出監督が映画化したもの。


宮沢賢治の父・政次郎は父の代から富裕な質屋であり、長男・賢治は本来なら家を継ぐ立場だが、賢治は適当な理由をつけてはそれを拒み、学校卒業後は農業や人造宝石、宗教と我が道を行く。そんな様子に政次郎は、賢治のためならと甘やかしてしまう。やがて妹・トシの病気を機に、賢治は筆を執る。出演者は役所広司、菅田将暉、森七菜、豊田裕大、坂井真紀、田中泯と豪華キャストが集結。

映画『銀河鉄道の父』
映画『銀河鉄道の父』
映画『銀河鉄道の父』
映画『銀河鉄道の父』

このたび解禁となったのは、倒れた賢治(菅田将暉)を抱きかかえ涙ぐむ政次郎(役所広司)の姿や、人目もはばからずに号泣したり、賢治が書いた本を見つけ驚きの表情を見せるなど様々な顔を見せる政次郎の姿。厳格な父であろうとしながら、賢治に深い愛情を注いでいたことがわかる場面写真。


いつか宮沢賢治の映画を撮りたいと願っていた成島出監督は原作小説を読み、「政次郎は厳格な人物というイメージがあった為、こんなお父さんだったのかと驚きました。あの時代に、賢治のすべてを受け入れている。ある意味、イクメンの走りかつ親バカで、一生懸命なところがチャーミング。賢治と家族の格闘ぶりも面白かった」と振り返る。

スポンサーリンク


また仲良く河原で過ごす賢治と妹・トシ(森七菜)の未来への希望溢れるまぶしいカットや、トシを励ますために賢治が「風の又三郎」を読んであげる兄妹の強い絆を感じるカット、さらに長男誕生を喜ぶ政次郎・イチ(坂井真紀)・喜助(田中泯)の若かりし頃の姿、賢治が政次郎に進学したいと願い出る様子、そして祖父・喜助が家族に掴みかかるシーンを切り取った場面写真は初披露。


互いにぶつかり合い、支え合い、寄り添いながら歩んできた宮沢家。無名だった宮沢賢治がどんな人生を歩もうと支え続けた父と家族の愛と情熱が心を揺さぶる。映画『銀河鉄道の父』は5月5日(金・祝)より全国公開。

映画『銀河鉄道の父』
映画『銀河鉄道の父』
映画『銀河鉄道の父』
映画『銀河鉄道の父』
映画『銀河鉄道の父』
映画『銀河鉄道の父』
ストーリー

宮沢賢治の父・宮沢政次郎。父の代から富裕な質屋であり、長男である賢治は、本来なら家を継ぐ立場だが、賢治は適当な理由をつけてはそれを拒む。学校卒業後は、農業や人造宝石、宗教と我が道を行く賢治。政次郎は厳格な父親であろうと努めるも、賢治のためなら、とつい甘やかしてしまう。やがて、妹・トシの病気を機に、賢治は筆を執るも―。

映画『銀河鉄道の父』
映画『銀河鉄道の父』
映画『銀河鉄道の父』
映画『銀河鉄道の父』



映画『銀河鉄道の父』

映画『銀河鉄道の父』
映画『銀河鉄道の父』

出演:役所広司 / 菅田将暉 森七菜 豊田裕大 / 坂井真紀 / 田中泯

監督:成島出

原作 門井慶喜「銀河鉄道の父」(講談社文庫)

脚本 坂口理子

音楽 海田庄吾

主題歌:いきものがかり「STAR」(ソニー・ミュージックレーベルズ)

製作:木下グループ

制作プロダクション:キノフィルムズ / ツインズジャパン

配給:キノフィルムズ

助成:文化庁文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業)独立行政法人日本芸術文化振興会

©2022「銀河鉄道の父」製作委員会


5月5日(金・祝)より全国公開


テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました