映画『さよなら、バンドアパート』バンドマンの栄光と挫折…リアルな予告編が公開!

ミュージシャンになる夢を追う主人公が、運命とも必然とも言える出会いを繰り返し”ほろ苦い青春”を経て、音楽のメジャーシーンの中心に行くまでの栄光と挫折を描く映画『さよなら、バンドアパート』。映画公開日が2022年7月15日(金)に決定し、予告編が公開された。

映画『さよなら、バンドアパート』
映画『さよなら、バンドアパート』
映画『さよなら、バンドアパート』

実体験をもとにしたリアルすぎる描写がバンドマンをはじめ多くの話題を集めた平井拓郎による同名小説を原作に、ミュージシャンになる夢を追う主人公が、メジャー音楽シーンの中心に行くまでの栄光と挫折の物語をエモーショナルな作品として作り上げたのは、『ニート・ニート・ニート』などを手がけた宮野ケイジ。主人公・川嶋に元バンドマンで俳優デビュー作の本作でミュージシャンになる夢を追いかけはじめる素人時代からメジャーシーンを駆け抜けるまでの揺れる心を情感豊かに演じ、新たなる才能を見せつけた清家ゆきち。川嶋の運命の人・ユリには『さがす』をはじめ目覚ましい活躍で今最も注目を集める森田望智。ベーシスト・シンイチロウにKEYTALKの小野武正、どん底期の川嶋に影響を与えるユキナ役の元AKB48の梅田彩佳、 10代の川嶋に影響を与える少女・美咲役に髙石あかり『ベイビーわるきゅーれ』。その他にも松尾潤、上村侑、石橋穂乃香、阿南健治、千原せいじ、竹中直人といった多彩な才能が結集した。また、ライブシーンでは、小野武正率いるKEYTALKの他、cinema staffも本人役で登場し、ミュージシャンになる夢を追う主人公の栄光と挫折の物語にリアリティを添える。

スポンサーリンク


今回完成した予告編は、ミュージシャンを目指しながらくすぶる主人公・川嶋(清家)と運命の女性・ユリ(森田)の儚い出会いから始まる。大阪で“儚く出会い”、「みんな心に穴が開いてんねん」と語るどこか影のある女性・ユリ。しかし、二人は二度と会えなくなってしまう。川嶋のバンドメンバー(小野、松尾)やバイト先のオーナー(竹中)をはじめとするさまざまな人たちとの出会いを経て、メジャー音楽シーンにたどり着いた主人公が厳しい現実に直面する姿がテンポ良く描かれていく。

森田望智『さよなら、バンドアパート』
映画『さよなら、バンドアパート』

後半のライブシーンには、主人公川島のバンドメンバーとして出演する果たした小野武正率いるKEYTALKのほか、cinema staffなどのリアルバンドが登場。本作のエンド曲で主人公憧れのバンドであるthe band apartが戻らない青春の日々を綴った「Can‘t remember」とともに、主人公の栄光と挫折が綴られるエモーショナルな仕上がりとなった。もがきながらそれでも夢を追う主人公の姿に心動かされること間違いなし!

映画『さよなら、バンドアパート』
映画『さよなら、バンドアパート』
映画『さよなら、バンドアパート』



「さよなら、バンドアパート」予告編



映画『さよなら、バンドアパート』

映画『さよなら、バンドアパート』ポスター
映画『さよなら、バンドアパート』ポスター

出演:清家ゆきち、森田望智、梅田彩佳、松尾潤、小野武正、上村侑、髙石あかり、石橋穂乃香、千原せいじ、阿南健治/竹中直人、KEYTALK、cinema staff

原作:平井拓郎「さよなら、バンドアパート」(文芸社刊)

監督・脚本:宮野ケイジ

音楽マネージメント:深水光洋

制作プロダクション:FREBARI

配給・宣伝:MAP

配給協力:ミカタ・エンタテインメント

製作:映画「さよなら、バンドアパート」製作委員会

© 2021「さよなら、バンドアパート」製作委員会


7月15日(金)シネマート新宿ほか全国公開

タイトルとURLをコピーしました