髙石あかり「田んぼに落ちそうに」 映画『さよなら、バンドアパート』舞台挨拶

映画『さよなら、バンドアパート』の舞台挨拶が7月22日(金)シネマート新宿にて開催され、出演者の髙石あかり、上村侑、宮野ケイジ監督が登壇、撮影エピソードを語った。

映画『さよなら、バンドアパート 』舞台挨拶
映画『さよなら、バンドアパート』舞台挨拶

本作は大阪で、音楽の道に進みたいとささやかな夢を持っていた主人公・川嶋(清家ゆきち)が、ユリ(森田望智)との出逢いによって、ミュージシャンとしてプロデビュー、挫折を経て再生する様が描かれる。原作は、juJoeのボーカルとギターを担当する平井拓郎による同名小説。


劇中の役柄の印象と異なる金髪姿で登場した髙石。

髙石あかり

MCが「まるでバンドマンのよう」と話すと会場から笑いが起き、和やかな雰囲気に。髙石が演じたのは主人公・川嶋(清家ゆきち)の中学時代の初恋の相手・美咲。「上村さん演じる中学生の川嶋に、歌の才能があるということを伝えて、肯定する役柄。川嶋の心の拠り所になる、すごくパワーのあるシーンを演じさせて頂きました」と振り返る。

スポンサーリンク


その中学生時代の川嶋を演じた上村は、「監督から、『中学時代のシーンは別の映画だと考えて演じてほしい』と言われたんです。なので台本に捉われずに、美咲にもまっすぐ、音楽にもまっすぐな、普通の中学生を意識して演じました。」と明かした。

上村侑

宮野監督が「おふたりに演じて頂いたのは、大人になってバンドマンとして活躍する川嶋の心の拠り所となる重要なシーン。中学生に見える俳優さんであれば誰でも良かったわけではなかったんです。川嶋の中にいつまでも残っている場面と言葉をしっかり担える二人に演じてもらって本当に良かったです」と満足そうにキャステングについて明かすと、ふたりから笑みがこぼれた。


話題は撮影中のエピソードへ

自転車で二人乗りするシーンには苦労があったという。上村が「髙石さんと二人乗りをするシーンがあるんですけど、手元がブレブレで。映ってなくてよかったです」と明かすと、髙石も「横が田んぼだったんですけど、何度も落ちそうになって。焦りましたね(笑)」と微笑む。


ギターの演奏にも初挑戦したという上村。「撮影前の顔合わせの時に宮野監督から教えてもらいました。川嶋がバンドマンとして勇気を出して一歩を踏み出す演奏シーンになるように意識しました」と苦労を語ると、髙石も「本当にお上手で。もっと自信満々で良いのに」と熱くアピールした。


最後には宮野監督が「映画化するにあたって絞りこんだのですが、原作の小説では中学時代のエピソードが豊富。ぜひ機会があれば中学時代を描いたスピンオフをやりたいです」と告白すると、会場からは拍手が。上村と髙石も驚きながらも嬉しそうな表情を浮かべていた。映画『さよなら、バンドアパート』はシネマート新宿ほか全国順次公開中。

スポンサーリンク



映画『さよなら、バンドアパート』

出演:清家ゆきち、森田望智、梅田彩佳、松尾潤、小野武正、上村侑、髙石あかり、石橋穂乃香、千原せいじ、阿南健治/竹中直人、KEYTALK、cinema staff

原作:平井拓郎「さよなら、バンドアパート」(文芸社刊)

監督・脚本:宮野ケイジ

音楽マネージメント:深水光洋

制作プロダクション:FREBARI

配給・宣伝:MAP

配給協力:ミカタ・エンタテインメント

製作:映画「さよなら、バンドアパート」製作委員会

© 2021「さよなら、バンドアパート」製作委員会


映画『さよなら、バンドアパート』シネマート新宿ほか全国公開中


 

タイトルとURLをコピーしました