髙石あかり、北浦愛、和田庵らが出演!全編即興演出『ハッピーエンディングス』公開決定!

大崎章監督×井上康平監督が400人にのぼるオーディションで選んだ10人の実力派俳優たちが、2パートに分かれて台本なし・全編即興で制作した異色の映画『ハッピーエンディングス』が11月4日(⾦)~11月17日(⽊)シモキタ-エキマエ-シネマ「K2」、11月19日(⼟)~11月24日(⾦)横浜シネマリンで限定ロードショーが決定。期間中、キャストらによる舞台挨拶も予定されている。

映画『ハッピーエンディングス』
映画『ハッピーエンディングス』

湖にバカンスに訪れた男女4人の生々しい恋愛模様を見つめる『鳥を見にいく』(井上康平監督)ではドラマ・演劇・映画とマルチな活躍を見せる北浦愛、『幕が下りたら会いましょう』の木口健太、『暁闇』の中尾有伽、演劇界で活躍する名優・細井じゅん、『無限ファンデーション』の日高七海ら実力のある俳優陣が顔を揃える。


高校生たちが映画作りに奮闘する姿を描く『はじめての映画』(大崎章監督)に『ベイビーわるきゅーれ』で大ブレイクした髙石あかり、『アルプススタンドのはしの方』で注目を浴びた西本まりん、『茜色に焼かれる』の和田庵、注目の若手俳優・下川恭平、そして自身が映画監督も務める日下玉巳など新進気鋭の俳優陣が集結。

スポンサーリンク


役者陣の緊張感が溢れ、時に瑞々しさをダイレクトに、時に生々しくサスペンスフルに、それぞれの感情が際立つワンアンドオンリーな1回性の魅力が詰まった即興演出により生まれた2作品。全く違うようで一部が繋がっている世界線も含め、本作でしか味わえない劇場体験が味わえる内容となっている。劇場公開に向けてポスター&特報が解禁。両監督とキャスト陣を代表して髙石あかり、北浦愛からコメントが到着した。



『鳥を見にいく』



『はじめての映画』




髙⽯あかり(「はじめての映画」出演)コメント

劇場公開、本当に嬉しく思います。即興芝居という、お芝居とリアルの間で⽣まれた感情は、こんなにも美しくスクリーンを介して伝わってくるんだな、と感じた爆発⼒のある映画です。カメラが回ってからは、何が起きるのか誰にもわからない。その緊張感と⾼揚感を是⾮、劇場で感じていただけたらと思います。



北浦愛(「⿃を⾒にいく」「はじめての映画」出演)コメント

「ハッピーエンディングス」公開おめでとうございます。台本無し、あらすじのみで作ったお芝居を多くの⽅に観ていただけることをとても嬉しく思います。台詞が無いからこそ、⾔葉の選び⽅や呼吸の端々に演じている役と俳優⾃⾝が⼊り混じる瞬間がたくさんあると思います。そんなところも楽しんでいただけたら、嬉しいです。是⾮劇場にてご覧ください。



井上康平監督(「⿃を⾒にいく」)コメント

本作『ハッピーエンディングス』は全編アドリブで構成された映画です。撮影中はできるだけ空気を割らないよう、ワンシーンワンシーンに役者の声と体に⽿を澄ませ、スタッフ⼀同で向き合ってきました。観客の皆さんが最⾼の役者たちに出会い、驚く⽇が楽しみです。



⼤崎章監督(「はじめての映画」)コメント

俳優たちとの初めての顔合わせの時、僕ら⼆⼈の監督を、不安そうな顔と刺すような視線で⾒てきました。台本がないのに、どういう⽅法、どんなやり⽅で芝居をするんだ。と。この映画にはいわゆる普通の映画の「監督」は存在しません。この映画に関わる⼈間ひとりひとりがそれぞれの思いで違う事を考え、試⾏錯誤しながら、時にはぶつけあって、ねじれあい、時には融合しながら、⽣まれたのがこの作品です。



全編”即興”映画『ハッピーエンディングス』特報



映画『ハッピーエンディングス』

[鳥を見にいく]出演:北浦愛 中尾有伽 木口健太 細井じゅん 日高七海

監督・編集:井上康平

[はじめての映画]出演:髙石あかり 和田庵 西本まりん 下川恭平 日下玉巳

監督:大﨑章


企画:直井卓俊

制作プロダクション:沼袋シネマ、合同会社ユメキラメク

配給・宣伝:SPOTTED PRODUCITONS

タイトルとURLをコピーしました