伊東蒼「素敵な賞を大好きな作品で受賞できて嬉しい」TAMA映画賞・最優秀新進女優賞

第14回TAMA映画賞授賞式が11月26日(土)東京・パルテノン多摩で開催され、最優秀新進女優賞に『さがす』『恋は光』『MIRRORLIAR FILMS Season4』などの話題作に出演した伊東蒼が選ばれた。同賞は本年度最も飛躍した女優、もしくは顕著な活躍をした新人女優を表彰するもの。

伊東蒼「第14回TAMA映画賞授賞式」さがす
伊東蒼

映画『さがす』からは片山慎三監督が最優秀新進監督賞に、主演の佐藤二朗が最優秀男優賞に選出されるなど3名が登壇することに。伊東は「このような素敵な賞を大好きな作品で受賞できてすごく嬉しいです。スタッフの皆さんや、キャストの皆さん、いつも支えてくださる事務所の皆さん、家族、友人のおかげで賞を受賞することが出来ました。これからも一つ一つの作品を大切にして周りの方への感謝を忘れずに頑張っていきたいです」と受賞の喜びを語った。

伊東蒼「TAMA映画賞授賞式」さがす
伊東蒼

大阪出身の伊東蒼は『さがす』でも大阪の下町の娘・原田楓を演じた。そのことについて「関西弁でお芝居をしたのが初めてだったので、台本を読んで原田楓を身近に感じました。大阪の街並みでの撮影は楽しかったです」と振り返る。東京での撮影時はホテルから撮影現場に向かうことが多く「自分の家から撮影現場に行ったり、学校帰りに撮影現場に行ったりと新鮮でした」と続ける。「今は学生でもあるので、しっかり高校を卒業して、引き続きお芝居を頑張っていきたい」と今後の抱負について明かした。

スポンサーリンク


原田楓の父、原田智を佐藤二朗が演じたことについて感想を求められると「撮影期間の前半に佐藤さんと一緒のシーンを撮影し、後半はお父さんがいなくなってからのシーンの撮影だったので、いなくなってからの撮影はすごく不安になりました。佐藤さんが現場にいるだけで安心して演技が出来ました」と大先輩との演技について感想を語った。映画ファンの祭典「第32回映画祭 TAMA CINEMA FORUM」は11月12日(土)~11月27日(日)、東京都多摩市内の3会場4スクリーンで開催。

映画『さがす』より伊東蒼、佐藤二朗、片山慎三監督
映画『さがす』より伊東蒼、佐藤二朗、片山慎三監督
第14回TAMA映画賞授賞式
第14回TAMA映画賞授賞式


第14回TAMA映画賞授賞式

最優秀作品賞
『LOVE LIFE』
『ハケンアニメ!』

特別賞
芦田愛菜・宮本信子、及びスタッフ・キャスト一同
小林啓一 監督、及びスタッフ・キャスト一同

最優秀男優賞
佐藤二朗
松坂桃李

最優秀女優賞
倍賞千恵子
広瀬すず

最優秀新進監督賞
片山慎三 監督
森井勇佑 監督

最優秀新進男優賞
磯村勇斗
横浜流星

最優秀新進女優賞
河合優実
伊東蒼

タイトルとURLをコピーしました