河合優実が主演の映画『あんのこと』佐藤二朗、稲垣吾郎、早見あかりら追加キャストが公開!

記事内に広告が含まれています。

河合優実が主演を務める入江悠監督の最新作映画『あんのこと』が、2024年6月7日(金)より新宿武蔵野館ほか全国で公開となる。このたび追加キャスト情報が公開され、佐藤二朗、稲垣吾郎、河井青葉、広岡由里子、早見あかりが出演!ティザービジュアルも解禁された。

映画『あんのこと』ティザービジュアル
映画『あんのこと』ティザービジュアル

本作は若手俳優・河合優実が機能不全の家庭に生まれ、虐待の末にドラッグに溺れる少女・杏を演じ、『SR サイタマノラッパー』や『ビジランテ』などで現代社会の問題にスポットライトを当ててきた入江悠監督がメガホンを取った衝撃作。


追加キャストには『はるヲうるひと』や『さがす』など、日本を代表する個性派俳優・佐藤二朗がドラッグに溺れていた杏を救おうとする、人情味あふれる型破りな刑事・多々羅を演じる。また、『半世界』や『窓辺にて』、『正欲』などで主演を務めてきた稲垣吾郎が、多々羅と親交がありつつも彼の裏の顔を暴こうとする、正義感と友情に揺れるジャーナリスト・桐野を演じる。作品に奥深さを添える名優たちの演技も見どころだ。

スポンサーリンク



さらには、杏の母親・春海役として濱口竜介監督作『PASSION』や『偶然と想像』の河井青葉、杏の祖母・恵美子役として映画・ドラマ・演劇と幅広く活躍する名バイプレイヤー・広岡由里子、杏の隣人で幼い赤ん坊の母親・三隅紗良役として、話題作『シン・ウルトラマン』や『ミンナのウタ』出演の早見あかりがそれぞれ演じる。

写真左より佐藤二朗、河合優実、稲垣吾郎『あんのこと』
写真左より佐藤二朗、河合優実、稲垣吾郎

新キャスト発表にあわせて、主要キャストの佐藤二朗と稲垣吾郎からのコメントが到着。本作について佐藤二朗は「実話に基づいた本作。新聞の小さな三面記事から炙り出されたこの物語を、絶対にこんなことを起こさせてはいけないという思いと、この腹を抉られるような事実をなんとしても人々に伝えたいという思いで演じました。この、ほとんど祈るような思いが、一人でも多くの方々の胸に届くことを願っています」とコメントし、稲垣吾郎は「最初にシナリオをいただいた時に受けた動揺を今も忘れられません。人は生まれながらに誰かと繋がり生きていく権利を持っている。その思いを信じて作品に参加させていただきました。杏の声がどうか皆様の心に届きますように」とコメントを残した。映画『あんのこと』は2024年6月7日(金)より新宿武蔵野館、丸の内TOEI、池袋シネマ・ロサほか全国で公開。


映画『あんのこと』あらすじ

香川杏、20歳。シャブ中でウリの常習犯。ホステスの母親と足の悪い祖母と、3人で暮らしている。子どもの頃から、酔った母親に殴られて育った。小4 から不登校。初めて体を売ったのは12歳で、相手は母親の紹介だった。希望はおろか絶望すら知らず、ただ繰り返される毎日。そんな薄暗闇の世界が、ある出会いをきっかけに少しずつ変わり始める。だが、やっと繋がった細い糸も突然のコロナ禍に断ち切られてしまい──。

スポンサーリンク




映画『あんのこと』

出演:河合優実、佐藤二朗、稲垣吾郎、河井青葉、広岡由里子、早見あかり

監督・脚本:入江悠

製作:木下グループ 鈍牛倶楽部

制作プロダクション:コギトワークス

PG12

配給:キノフィルムズ

© 2023『あんのこと』製作委員会

2024年6月7日(金)新宿武蔵野館、丸の内TOEI、池袋シネマ・ロサほか全国公開


UNIVERSAL PRESSは芸能エンタメ情報をお届けするWebメディアです。取材案内を募集中。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました