映画『コーポ・ア・コーポ』女性に貢がせるヒモ男を演じた東出昌大が本作の魅力について語る!

記事内に広告が含まれています。

コミックサイト「COMIC MeDu」に連載され、独特の世界観でコアなファンを量産し続ける漫画を豪華キャストで実写映画化した『コーポ・ア・コーポ』(TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開中)より、女性に貢がせて生きる男・中条役を好演した東出昌大の撮影メイキング動画が本日初公開された。

東出昌大『コーポ・ア・コーポ』撮影メイキング動画より
東出昌大『コーポ・ア・コーポ』撮影メイキング動画より

昭和レトロな雰囲気を醸し出す大阪の安アパート・コーポを舞台に、年齢も性別も職業もバラバラで、互いによく知らないながらも縁あって一つ屋根の下に暮らす訳あり同士が、飄々と生きる日々を描いた本作。11月17日に封切られると、「登場人物全員が愛おしい」「コーポの空気感に癒される」「ぼちぼち生きていたらいいか、と思わされた」など、SNSを中心に絶賛の声が相次いだ。なかでもスーツ姿でバッチリ決め、甘いマスクで次々と女性を口説いて貢がせるニヒルな男・中条紘役を演じた東出昌大の演技には「原作のコマから抜き出てきたよう」「ハマり役」などの称賛の声が集まっている。

スポンサーリンク



本日公開された東出の撮影メイキング映像の冒頭では、歩き方について仁同正明監督から演出を受ける東出の姿が捉えられている。淡々と返事をしつつも、眼差しは鋭い東出。細かなニュアンスをすぐさま演技に取り入れている様が伺える。本作の魅力のひとつは、大阪の片隅にあるコーポに住む、どこか人生がうまくいっていない中条をはじめとした登場人物たち。そんな面々について、「これが古き良きになっちゃうのが現代ってちょっとしんどいなって思う」と東出はしみじみ。「こういう人たちがいて、ぼちぼち生きているっていうのが素晴らしいなって思うから、それがこの作品をやる意義なのかなと思います」と役柄に向ける眼差しは優しい。メイキング映像の最後には、東出が思わず大きなくしゃみをしてしまうNGシーンも。すぐに笑いの渦に包まれ、何とも楽しげな撮影現場の空気感が伝わる。映画『コーポ・ア・コーポ』はTOHOシネマズ日比谷ほか全国で公開中。

仁同正明監督から演出を受ける東出昌大



『コーポ・ア・コーポ」東出昌大メイキング特別映像




映画『コーポ・ア・コーポ』

出演:馬場ふみか、東出昌大、倉悠貴、笹野高史、前田旺志郎、北村優衣、藤原しおり、片岡礼子

原作:岩浪れんじ 「コーポ・ア・コーポ」

監督:仁同正明

脚本:近藤一彦

主題歌:T字路s「愛おしい日々」

製作:ジーオーティー

制作プロダクション:アットムービー

配給:ギグリーボックス

©ジーオーティー/岩浪れんじ


TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開中

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました