川口春奈が『重症花粉症』の啓発アンバサダーに就任。テレビCMが2月15日より放映開始

春の本格的な花粉の飛散期を前に、「重症花粉症」の啓発が2月15日よりスタートする。啓発アンバサダーには、女優の川口春奈が起用され、2月20日(木)にはベルサール秋葉原で就任イベントが行われる。

花粉症には症状の程度があり、重症度に応じた対応が必要。そこで、重い症状に悩む患者さんに自らの重症度に考えるきっかけを提供するため、2020年2月15日より、自らも花粉症に悩みSNS等でその辛さを訴え、多くの反響を得ている川口春奈をメインキャラクターに起用したテレビCMの放映を一部の地域で開始する他、タクシーのデジタルサイネージや病院内に掲示するポスターなど、各種メディアを通して、啓発活動を展開する。


「重症花粉症」啓発キャンペーン

① テレビCM放映

花粉症は個々人により重症度が異なり、患者さん一人一人に合った治療が重要であることについて、自らも花粉症治療を経験している川口春奈が訴えるCMを一部の地域で放映。

② 新聞・WEB・タクシーサイネージ動画における広告展開

新聞・WEBにて川口春奈が重症花粉症を啓発する広告を2月1日より順次掲載。

③ WEBサイト「重症花粉症ドットコム」での重症花粉症を啓発する映像の放映

花粉症の状況についてお話いただいた川口春奈のインタビューや30秒のCMを「重症花粉症ドットコム」(https://secure.novartis.co.jp/kafun_kyousei/)上で、動画として配信。

④ 川口春奈『重症花粉症対策アンバサダー』就任イベント

⑤ 医療機関へのポスターの掲示

重症花粉症啓発ポスターを制作し、全国の医療機関に掲示を依頼。一般の方々に対しても花粉症の重症度における正しい治療方法への理解促進と認知向上をはかっていきます。


川口春奈 プロフィール

1995年2月10日生まれの女優、モデル。長崎県出身。研音所属。

2007年、第11回『ニコラ』オーディショングランプリを獲得しデビュー。2009年、三井のリハウス第13代リハウスガール就任。2009年『東京DOGS』(フジテレビ)で女優デビュー。2011年『桜蘭高校ホスト部』(TBS) で連続ドラマに初主演。同年、第90回全国高校サッカー選手権大会の7代目応援マネージャーに就任。2020年はNHK大河ドラマ『麒麟がくる』で大河ドラマ初出演。また公式YouTubeチャンネル『はーちゃんねる』を開設しYouTuberデビューした。

タイトルとURLをコピーしました