元ベビレ・傳谷英里香がドラマ『未満警察 ミッドナイトランナー』に出演!13年ぶりに髪をショートカットにし、警察学校の学生役に挑戦!

元アイドルグループ・ベイビーレイズJAPANのリーダーで、現在は女優として活躍する傳谷英里香(でんや・えりか/24)が、日本テレビ4月クール新土曜ドラマ『未満警察 ミッドナイトランナー』にレギュラー出演。自身の髪を30cmカットし、13年ぶりのショートカットで警察学校の学生役(鷹木真琴)に挑戦する。

傳谷英里香『未満警察 ミッドナイトランナー』

『未満警察 ミッドナイトランナー』は先日、中島健人と平野紫耀のジャニーズ事務所大人気若手俳優2人の主演タッグが発表され、ネットでも話題沸騰中の作品。警察学校を舞台に、理論派、体力派のバディが、毎回新たな事件に巻き込まれ、学校の授業で得た知識を駆使して、リアルタイムで難事件を解決していく、今までにない新しい警察ドラマ。


4月クールドラマでも最注目作品となること必至の本作への出演において、13年ぶりのショートカ ットで臨む傳谷英里香は、実際の警察学校での映像も見たとして、「出演が決まって、とても嬉しかったです。題材が警察学校ということで気が引き締まる思いでした。小学生以来、13年ぶりのショートカットなので、とても新鮮です。鷹木真琴を演じるにあたって、(私とは)ギャップのある役なので、温度差を楽しんで頂けるのではないかと思います。サスペンスであり、学園ドラマであり、見所満載です!」とコメントを寄せ、心機一転の挑戦にやる気十分だ。


傳谷は、愛らしい表情や元気な笑顔から、グループ時代から絶大な人気を誇っており、その可愛らしさからは、“警察”のイメージが似つかわしくないようにも思えるが、実は非常に活発で、圧倒的な運動神経を持ち、トライアスロンへも挑戦中というのだから驚きだ。連ドラ初出演となった『ランウェイ24』に続き、今作への参加で女優業を本格化させる傳谷英里香。W主演2人の脇を固める彼女の活躍に注目したい。

スポンサーリンク

傳谷英里香コメント

・ドラマの話が決まったときの心境をお聞かせください

とても嬉しかったです。題材が警察学校ということで気が引き締まる思いでした。ショートカットにするのは勇気がいりましたが、本来の警察学校の映像を観て、心を決めることが出来ました。私が演じる真琴と学生たちが、どういう風に物語に関わっていくのかと、ワクワクしました。


・30cm 髪を切った今の心境について教えて下さい。

小学生以来、13年ぶりのショートカットなので、とても新鮮です。ネガティブな気持ちは全くなく、すっきりしています!気持ちも軽やかで、心なしか明るくなった気がします。周りからの印象も様々なので、今までとは違った自分や、ショートカットで色々な魅せ方が出来ると思うと、これからが楽しみでもあります。


・今回ドラマについて、ご自身の学生時代を思い出したことなどがあれば教えて下さい。

自分の学生時代も、学校や部活で素敵な仲間たちに囲まれていたので、撮影しながら何かあったら助け合うなど、こういった”仲間感”って素敵だなと、改めて思いました。


・ファンの皆様に一言お願いいたします。

『未満警察 ミッドナイトランナー』で鷹木真琴を演じるにあたって、ギャップのある役なので、温度差を楽しんで頂けるのではないかと思います。サスペンスであり、学園ドラマであり、見所満載です! 警察学校の学生の一員として、頑張りますので、是非応援して頂けると嬉しいです。


髪を30cmバッサリ!!

傳谷は自身のSNSで「ショートヘアーにしてすっきり。ドライヤーがとっても楽だ〜〜。ショートヘアー傳谷どうでしょうか?」とファンに問いかけた。


スポンサーリンク

傳谷英里香プロフィール

1995年11月2日生まれ、千葉県出身。レプロエンタテインメント所属。

2012年から2018年9月まで、アイドルグループ「ベイビーレイズ JAPAN」のリーダーとして活動。現在は、女優・タレントとして、様々なジャンルに挑戦中。2019年、TBS『世界ふしぎ発見』でミステリーハンターとして初出演。同年4月には舞台「新・罪と罰」(東京芸術劇場)、8月には”体感型”ミュージカル「Fumiko」で舞台初主演。同年7月-9月には朝日放送(ABC)「ランウェイ24」では、CA役として連ドラ初出演を果たした。

タイトルとURLをコピーしました