大矢梨華子が初のミニアルバム発売を記念し15個の配信チャンネルで配信!気合の赤髪を披露!?

元ベイビーレイズJAPANメンバーで歌手の大矢梨華子が、2020年8月5日に1stミニアルバム「一恋一会(イチゴイチエ)」の発売を記念しYouTubeやSHOWROOMなど15個の配信チャンネルにてそれぞれ配信を行う「一恋一会」リリース記念『15(いちご)チャン生中継』を開催。それぞれの配信で内容を変え、最後にはミニライブを披露するなど7時間にも及ぶ盛りだくさんの内容となった。

配信が始まると大矢はすぐに1stミニアルバムのタイトル「一恋一会」にちなんだ苺の被り物で登場。さらに内容も「一恋一会」にちなんで15個の配信サイトを巡り同日のミニライブへ案内をしていくことを発表。「大矢梨華子っていう存在を知っていただいたり、一恋一会っていう1stミニアルバムを出すんだなーっていうのを知っていただきたい」と思いを語った。

配信チャンネルそれぞれで配信内容を変えて配信に取り組んだところ「BIGO LIVE」での配信の際にはブラジル在住の方からコメントが届くなど、まさに今回のテーマの一期一会にふさわしい出会いとなっていた。7時間にも渡る配信の終盤にはYouTubeでミニライブを実施。配信開始時からずっと被っていた苺の被り物を外して赤髪を初披露、「ヒット祈願じゃないですけど、ちょっとでも多くの方に知ってもらえるように気合を入れて髪を赤くした」と今回のリリースに対する思いを話した。

また、8月5日に無事リリースされたミニアルバムが店頭に並んでいるところを見に足を運んだ大矢は喜びのあまり自分用を購入したことを明かし「無事に皆様のもとへ届ける事ができて嬉しいです!ソロ活動をはじめて約1年半、一期一会の出会いを大切に過ごしてきた時間の中で制作した楽曲達を是非、一度聴いてみてください!!!」と語った。1stミニアルバム「一恋一会」はソロ活動を経て成長した大矢梨華子の姿が詰まった作品となっている。

大矢梨華子コメント

無事に皆様のもとへ届ける事ができて嬉しいです!
ソロ活動をはじめて約1年半、一期一会の出会いを大切に過ごしてきた時間の中で制作した楽曲達を是非、一度聴いてみてください!!!



大矢梨華子プロフィール

2012年アイドルユニット「ベイビーレイズ JAPAN」のメンバーとしてメジャービュー。グループでは主にMCを担当すると共に、魂込めたアツいパフォーマンスが魅力であった。2018年9月に山中湖の野外ライブを最後に、惜しまれつつ6年間のグループ活動に幕を閉じた。「まだ歌っていたい」という本人の情熱で2019年より本格的に歌手のソロプロジェクトを始動。自身で楽曲の作詞・作曲、アートディレクションも行っており、アツく、泥臭く、真っ直ぐで、愛のある歌を歌い続けている。

タイトルとURLをコピーしました