南沙良が全世界同時配信のNetflix映画『彼女』に出演決定!水原希子×さとうほなみ共演「愛」の本質を問うロードムービー

女優でモデルの南沙良が、世界最大級のオンラインストリーミングサービスを提供するNetflixが製作する、Netflix映画『彼女』(2021年4月15日より全世界同時配信)に出演することが本日わかった。日本発「Netflix映画」の2021年第1弾作品になる。

南沙良オフィシャル写真
南沙良 ©岩澤高雄(The VOICE MANAGEMENT)

原作は、女性2人の極限の愛憎を描いた、中村珍の「羣青」(小学館IKKIコミックス)。同性愛者の永澤レイと、夫から壮絶なDVを受けている篠田七恵。高校時代から七恵に恋をしていたレイは、彼女のために夫を殺害する。自分のために殺人まで犯したレイに疎ましさと恐ろしさを抱く七恵と、そんな彼女を生かすため、すべてを受け入れるレイ。互いに愛を欲しながら、絡み合わない想いをぶつけあう、レイと七恵。正しいことも悪いことも、愛も憎しみも限界を超えた彼女たちの逃避行が描かれる。


メガホンをとるのは『ヴァイブレータ』(2003)、『軽蔑』(2011)、『彼女の人生は間違いじゃない』(2017)、『ここは退屈迎えに来て』(2018)など、孤独を感じている人々を鋭く、かつ情熱的に描き出してきた廣木隆一監督。自由気ままに見えて、実は同性愛者であることを家族に言えず生きづらさを感じている永澤レイを水原希子、父に続き夫からもDVを受けて人生に絶望している篠田七恵をさとうほなみが演じる。


南沙良の役柄はまだ発表されていないが、先の無い逃避行を続ける2人にどのように絡んでくるのか。日本の美しい景色を背景に、観る者に「愛」の本質を問うロードムービーに期待だ!日本発「Netflix 映画」の2021年第1弾作品でもある本作。「人を愛すること」「愛する人を守ること」の限界を描く、Netflix映画『彼女』は、2021年4月15日より、Netflixにて全世界同時配信。


<Netflix(ネットフリックス)について>
Netflixは、190ヵ国以上で2億400万人の有料メンバーが利用するエンターテインメントに特化した世界最大級の動画配信サービス。各種受賞作を含む幅広いジャンルのシリーズやドキュメンタリー、長編映画などを多くの言語で配信。あらゆるインターネット接続デバイスで、好きな時に、好きな場所から、好きなだけ映画やシリーズを楽しめる。また、一人ひとりの好みに合わせた作品をおすすめする独自の機能により、観たい作品が簡単に見つかる。広告や契約期間の拘束は一切ない。


スポンサーリンク

Netflix映画『彼女』

監督:廣木隆一
原作:中村珍「羣青」(小学館 IKKI コミックス)
脚本:吉川菜美
出演:水原希子 さとうほなみ 新納慎也 田中俊介 鳥丸せつこ 南沙良 / 鈴木杏 田中哲司 / 真木よう子
テーマ曲:細野晴臣
音楽:森山公稀(odol)
エグゼクティブ・プロデューサー:坂本和隆(Netflixコンテンツ・アクイジション部門ディレクター)
プロデューサー:梅川治男
企画・制作プロダクション:ステューディオスリー
配信:2021年4月15日、Netflixにて全世界同時独占配信

タイトルとURLをコピーしました