大友花恋・写真集「Karen3」発売記念イベント「素敵な20代へのスタートが切れました」

スポンサーリンク

2019年10月19日(土)HMV&BOOKS SPOT SHINJUKUにて女優として活躍する大友花恋が3rd写真集「Karen3」(株式会社東京ニュース通信社 刊)発売記念イベントを開催した。

大反響の中最終回を迎えた「あなたの番です-反撃編-」(日本テレビ系)や、山田杏奈とダブル主演を務める現在放送中のドラマ「新米姉妹のふたりごはん」(テレビ東京ほか)に出演するなど、女優として目覚ましい活躍を遂げる一方で、女性ファッション誌「Seventeen」の専属モデルとしても活動中の大友花恋が、20歳の誕生日に3rd写真集「Karen3」を発売。 
撮影は、今年の夏にマレーシアでロケを敢行。天真爛漫なキャラクターが浸透している大友だが、20歳を目前に控え“オトナモード”全開の撮影に挑戦した。美しい海に囲まれた小さな島などを舞台に、これまで見せたことのない“未知” の大友花恋を大胆かつ丁寧に撮影。艶やかでドキッとするような表情や美しく磨かれたボディーラインを惜しげもなく披露し、貴重な水着姿もこれまで以上にたっぷりと収録。20歳直前の美しさが詰まった1冊となっている。

イベントの前に行われた会見に登場した大友は、「ありがたいことに今回で3冊目の写真集です。『Karen』『Karen2』と比べてオトナ度がすごく増した、“オトナ度100%”の写真集をスタッフの皆様に作っていただきました」とアピール。「今までの写真集は“一緒に旅をしている”というテーマで、笑っている写真とか食べている写真が多かったんです。でも今回は笑顔を封印して、“人といるときとは違う私”という瞬間をたくさん切り取ってもらいました。それが大人な部分なのかなと思います」と見どころを明かし、「『あ、私ってこんな表情するんだ!』と驚くぐらい、自分でも見たことがないような表情がたくさん詰まっていて、20歳というタイミングにぴったりの素敵な写真集になったなと嬉しい気持ちでいっぱいです」と喜びを表した。

マレーシアでの撮影については、「自然の景色や、ちょっとした街の風景も初めて見るようなものばかりで驚きがあって、とても楽しかったです」と感想を。思い出深いエピソードとして、「ホテルの裏にコモドドラゴン(コモドオオトカゲ)のような大きな生き物がいて、『こんな生き物がいるんだ!』とすごく印象に残っています」と笑顔で語った。

そんな無邪気な姿とは打って変わって、洗練されたボディラインが見て取れる大人びたカットをお気に入りの1枚に選んだ大友。水着での撮影は今までにも経験があるものの、ランジェリー姿には初挑戦だったそうで、「すごくドキドキしましたが、光がすごく綺麗な朝で、撮影が始まったらいつものリラックスした気持ちで出来ました」と振り返った。また、「女性にも男性にも『かっこいいなぁ』とか『綺麗だなぁ』と思ってもらえるものが作りたいという思いがあったので、食べるものとか、ジムに行って筋トレをしたりとか、ボディメイクを頑張りました。背筋をすごく頑張ったので、その成果が出ているページだと思います」とお気に入りの理由も明かした。

「笑い上戸というか、笑いのツボが浅くて、ちょっとしたことでずっと笑っています」という大友が、新たな一面を見せた今作。「『花恋ちゃんはこんな表情をするんだ』『普段はこんな感じなのにこういう大人な部分もあるんだ』と、周りの知り合いはすごく驚いてました」と周囲からの反響も上々な様子。「女優というお仕事をさせていただくなかですごく嬉しい言葉で、ドラマでもいろいろな役をやらせていただく機会が多いのですが、見てくださっているみなさんから『初めて見る花恋ちゃんの表情がいっぱいあってびっくりしたよ』とその度にコメントをいただくんです。これからもそういうギャップをたくさんお見せ出来たらいいなと思います」と自信も見せた。

「写真集に点数を付けるとしたら?」という質問には、「私1人の力ではこんな素敵なものは作れなかったので、スタッフの皆様のおかげで100点の写真集になったのではないかと思います」と謙遜しつつも、満足気に答えた。

会見では、10月9日に20歳の誕生日を迎えた大友をサプライズのケーキと花束でお祝いする場面も。「ちょうど10代がスタートするタイミングでこのお仕事を始めて、そのなかでたくさんのプロの方々にお会いし、『ひとつのことにこうやって情熱を注げるような大人になりたい』と思いながら過ごしてきました。その出会いは自分のなかでとても大きかったと思います。10代のうちにやりたかった『Seventeen』の表紙やドラマの主演など、目標にしていたことがたくさん達成出来たので、素敵な20代へのスタートが切れた気がします」と節目を迎えた心境を。
20歳で挑戦してみたいことを聞かれると、「やってみたいことはたくさんあるんですけれど…せっかくの節目なのでバンジージャンプを飛んでみたいです!」と盛り上げ、さらに「今まではお酒の場ということであまり参加出来なかったスタッフさんとのご飯に参加出来るのが嬉しいです」とにっこり。「お酒はまだ飲んでないんですけれど、お誕生日にお酒をたくさんいただいたので、少しづつ挑戦していきたいなと楽しみにしています。レギュラーをさせていただいている『王様のブランチ』の皆さんにも『ご飯に行こうね』と誘っていただいたので、すごく楽しみです」と目を輝かせた。

今後の目標については、「今までは学生の役が多かったので、お仕事をしている役をやってみたいです。学生の役もすごく好きでとても楽しいんですけれど、挑戦という意味を込めて。小さい頃の夢がCAさんだったので、そんな役が出来たらもうひとつの夢も叶うのかなと思います」と述べ、「もっといろんな役に挑戦したいという思いが常にあります」と力強くコメント。今後のますますの活躍を期待させた。

イベントでは、日ごろの感謝を来場したファン1人1人に丁寧に伝えた。



大友花恋3rd写真集「Karen3」
定 価:本体2,727円+税
撮 影:佐藤佑一
発売元:東京ニュース通信社
全国の書店、ネット書店、TOKYO NEWS magazine&mook(https://zasshi.tv/)にて購入できます