映画『ショコラの魔法』舞台挨拶。山口真帆「たくさんの人に愛される作品になればいいな」

2021年6月18日(金)公開の山口真帆が主演の映画『ショコラの魔法』舞台挨拶が東京・イオンシネマ板橋で開催され、出演者の山口真帆、桜田ひより、中島健が劇中衣装で、監督を務めた森脇智延と共に登壇した。また、ゲストにToshi Yoroizuka オーナーシェフの鎧塚俊彦がサプライズで駆け付けた。

写真左より森脇智延、鎧塚俊彦、山口真帆、桜田ひより、中島健

「ショコラの魔法」は小学館の人気雑誌『ちゃお』に掲載され、シリーズ累計100万部を突破、アニメ化されるなど長期に渡り愛されてきた作品。その実写版の魔法使いショコラ役を山口真帆が演じ、話題を呼んでいた。

山口真帆

劇中衣装で登場した山口は「この衣装はジャストサイズ、オーダーメイドで作ってもらってピッタリサイズなんです。今日久しぶりに着て、入らなかったらどうしようというのが1番の不安でした」と話し「でも原作通り忠実に再現して、可愛く嬉しいです」と笑顔を見せ気にいってるご様子。桜田は「撮影中は現役の高校生だったけれど、もう卒業したので制服を着てそわそわしています」としみじみ語った。

桜田ひより

監督の森脇は山口の印象について「最初は戸惑いを見せていたが、一生懸命役に向き合ってくれて、自分の意見も持ってくれていた。頼もしく感じました」と振り返る。桜田については「撮影時は現役の高校生で元気いっぱいの女の子でした。演じた役は振り幅のある役なので、一生懸命考えてくれて引っ張ってくれました」と称賛。中島については「現場でもこんな感じでウケてなかったですね」と話すと、中島は「皆さんの笑いを『コロナ禍で声を出せない状況』我慢させて心苦しいです」と話し釈明した。

中島健

パティシエの鎧塚俊彦がゲスト登壇すると話題が劇中に登場したチョコレートの話に。山口は「見た目が素敵なのに味も美味しくて本当に願いの叶う魔法みたいなチョコレートでした」と興奮気味に話し、桜田は「美味しすぎて撮影本番なのにニヤニヤしてしまいました。とろけるような美味しさでした」とべた褒め。中島は鎧塚が持参したチョコレートを壇上で食べると「ヤバいっす!本当に美味しいときはこんな言葉しかでない。パリって噛んだ瞬間に中からジュワって、うわっーて」と感想を述べると、鎧塚は「本当は女性の方に召し上がってもらいたかった」と本音を答え、会場は笑いに包まれた。

最後の挨拶で山口は「この作品は人間の欲深さだったり、弱さだったりそういう感情が描かれています。原作は『ちゃお』で10年以上連載している作品です。映画はいろいろな世代の方に楽しんでいただける内容になっています。たくさんの人が映画館に足を運んでくれて愛される作品になればいいな」と舞台挨拶を締めくくった。映画『ショコラの魔法』は2021年6月18日(金)より全国公開。

写真左より山口真帆、桜田ひより、中島健
山口真帆


「ショコラの魔法」予告

スポンサーリンク

映画『ショコラの魔法』

出演:

  • 山口真帆(哀川ショコラ 役)
  • 岡田結実(飯田直 役)
  • 桜田ひより(仁科愛利 役)
  • 中島健(西尾猛 役)
  • 畑芽育(水無月花音 役)
  • 綱啓永(カカオ・テオブロマ 役)
  • 森希翔(森幸太郎 役)
  • 上野鈴華(小泉真理恵 役)
  • 川口葵(中川凛子 役)
  • 吉田あかり(梶田七瞳 役)
  • 神岡実希(香坂玲子 役)
  • 湯川玲菜(豊田里穂 役)
  • 西本まりん(田山恵里香 役)
  • 三浦真椰(大前知子 役)
  • 東貴博(記者2 役)
  • 袴田吉彦(相場武夫 役)

原作:「ショコラの魔法」(原作:みづほ梨乃/小学館/ちゃおホラーコミックス)

監督:森脇智延

脚本:金沢達也

主題歌:mzsrz(ミズシラズ)「アンバランス feat. 山口真帆」

音楽:FZ(Radical Hardcore Clique / sfpr) 白石めぐみ

製作:映画「ショコラの魔法」製作委員会

制作:FILM

配給:イオンエンターテイメント

宣伝:キグー

©みづほ梨乃・小学館/映画「ショコラの魔法」製作委員会

山口真帆
桜田ひより
中島健


映画『ショコラの魔法』は2021年6月18日(金)全国公開

タイトルとURLをコピーしました