TBSの元アナウンサー久保田智子、初監督作品『私の家族』予告編が公開!

記事内に広告が含まれています。

TBSテレビやTBS系列の記者やディレクターたちが、歴史的事件や今起きている出来事、市井の人々の日常を追い続け、記録し続け、熱い思いと共にドキュメンタリー映画として世の中に発信し続けるブランド「TBS DOCS」。テレビやSNSでは伝えきれない事実や声なき心の声を発信し続けるこれらの本気のドキュメンタリー作品に出会える場として、2021年より開催されてきた「TBSドキュメンタリー映画祭」が、東京・大阪・京都・名古屋・福岡・札幌と、全国6都市で3月15日(金)より順次開催される。

『私の家族』ポスタービジュアル
『私の家族』ポスタービジュアル/©TBS

本日、「ライフ・セレクション」上映作品となる、全4本のドキュメンタリー映画の予告編が一挙解禁され、TBSの元アナウンサーとして知られる久保田智子の初監督作となる『私の家族』も公開。2019年に特別養子縁組で新生児の娘を家族に迎えた久保田は、2歳になった娘に対し、生みの母の存在や出自について伝える“真実告知”を行うことを決意する。さらに、自身の両親・家族の過去とも向き合い、さまざまな対話を重ねる中で、久保田たどり着いた“真実”と伝え方とは…。

久保田智子『私の家族』
『私の家族』/©TBS
久保田智子『私の家族』
『私の家族』/©TBS
『私の家族』/©TBS

本作について、久保田は「自分の家族をさらけ出しすぎじゃない?そんな風に感じられてしまう
かもしれません。正直私もここまで公開していいものかと、今も葛藤しています。それでも、伝えたいと思ったことがあります。私はいま、特別養子縁組という“当たり前”のスタートではない家族を築いています。だからこそ、一つ一つを丁寧に重ねていきたいと強く思っています。そのためには何が必要なのか、自分に問いながら制作をしました。」と胸の内を明かしている。久保田が本作を制作する上で何よりも重視したのは、「家族と話そう」という強い思い。「長い時間一緒にいる家族は、ともすると後回しになったり、わざわざ聞かなくてもわかると思ってしまいやすいもの。でも、わかったつもりにならず、相手に寄り添って話をしてみると、自分では想像できなかった家族の真実が見えてきました。いま私は、やっと『私の家族』に向き合えたのだと感じています。この映画を通して、家族と丁寧に話してみようかな、と思ってもらえたとしたら監督として冥利に尽きます。」家族の形や在り方について徹底的に向き合った、久保田渾身のドキュメンタリー。映画本編では、穏やかながらどこか意志の強さを感じさせる、本人によるナレーションも合わせて必見だ!

スポンサーリンク



多様な作品が揃う同セレクションでは、『日の丸~寺山修司40年目の挑発~』『カリスマ~国葬・拳銃・宗教~』などで評価される若手注目株・佐井大紀監督の最新作『方舟にのって~イエスの方舟45年目の真実~』もラインナップ。本作で佐井監督が追うのは、80年代に世間を騒がせた謎の集団「イエスの方舟」。主催者・千石剛賢が若い女性たちを入信させ連れ去ったとされるも、約2年に渡る逃避行の末、千石が不起訴となり事件には一応の終止符が打たれる。しかし彼女たちの共同生活は、44年たった今も続いていた。「宗教法人ではない」と語るその正体とは如何に─!?

『方舟にのって~イエスの方舟45年目の真実~』ポスタービジュアル
『方舟にのって~イエスの方舟45年目の真実~』ポスタービジュアル/©TBS
『方舟にのって~イエスの方舟45年目の真実~』/©TBS
『方舟にのって~イエスの方舟45年目の真実~』/©TBS
『方舟にのって~イエスの方舟45年目の真実~』/©TBS



そのほかライフ・セレクションでは、皮膚が魚の鱗のように硬くなり剥がれ落ちていく指定難病「魚鱗癬(ぎょりんせん)」と向き合いながら、自立し成長していく男性の28年を追った『魚鱗癬と生きる ─遼くんが歩んだ28年─』(大村由紀子監督)、自分の意思に反して体が動いたり声が出たりするトゥレット症候群の人々の、さまざまな日常を映し出した『劇場版 僕と時々もう1人の僕~トゥレット症と生きる~』(柳瀬晴貴)も上映。

『魚鱗癬と生きる ─遼くんが歩んだ28年─』
『魚鱗癬と生きる ─遼くんが歩んだ28年─』ポスタービジュアル/©RKB
『魚鱗癬と生きる ─遼くんが歩んだ28年─』
『魚鱗癬と生きる ─遼くんが歩んだ28年─』/©RKB
『魚鱗癬と生きる ─遼くんが歩んだ28年─』/©RKB
『魚鱗癬と生きる ─遼くんが歩んだ28年─』/©RKB



『劇場版 僕と時々もう1人の僕~トゥレット症と生きる~』ポスタービジュアル
『劇場版 僕と時々もう1人の僕~トゥレット症と生きる~』ポスタービジュアル/©CBC
『劇場版 僕と時々もう1人の僕~トゥレット症と生きる~』/©CBC
『劇場版 僕と時々もう1人の僕~トゥレット症と生きる~』/©CBC
『劇場版 僕と時々もう1人の僕~トゥレット症と生きる~』/©CBC



第4回の開催となる映画祭では、人種や戦争、社会問題など現代を取り巻く重要なテーマを考える今だから見るべき作品を選んだ「ソーシャル・セレクション」、家族の形や身体的な障害など、多様な生き方や新たな価値観を見出せる作品を選んだ「ライフ・セレクション」、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚など、感覚を司る表現者たちやテーマを通して新たな感性に出会える作品を選んだ「カルチャー・セレクション」と、3つのテーマに沿って選出された15作品が一挙上映となる。

「TBSドキュメンタリー映画祭」キービジュアル
「TBSドキュメンタリー映画祭」キービジュアル/ ©TBS

テレビでは伝えきれない「事実」やSNSでは届かない声なき「心の声」を届けるべく、観た人の価値観を変えてしまうエネルギーに溢れた、“誰かの人生”に触れることができる作品をラインナップした本映画祭。ここでしか観られない良作ドキュメンタリー勢揃いの「TBS ドキュメンタリー映画祭 2024」は、3月15日(金)より全国6都市[東京・名古屋・大阪・京都・福岡・札幌]にて順次開催。

スポンサーリンク




『私の家族』

ママが2人いる…丁寧に話したい、もう後悔したくないから

久保田智子は、子どもを授かることができず、2019年に特別養子縁組で新生児を家族に迎えた。「ママとパパが大好き」。そう笑う2歳になった娘に、久保田は「もう一人、生みの母もいるんだよ」と話しかける。“真実告知”という、子どもに出自を伝える時期に入ったのだった。娘にちゃんと話したい。久保田はある後悔から、強くそう思っていた。家族の過去と向き合い、産んでも育てられなかった女性との交流を重ね、たどり着いた“真実”と伝え方とは…。




『方舟にのって~イエスの方舟45年目の真実~』

鑑賞後もあなたは、ハーレム教団と呼びますか?

1980年、東京・国分寺市から10人の女性が突如姿を消したと報道される。彼女達を連れ去ったとされる謎の集団「イエスの方舟」、その主催者・千石剛賢は、美しく若い女性を次々と入信させハーレムを形成していると世間を騒然とさせた。2年2ヶ月の逃避行の末、千石が不起訴となり事件には一応の終止符が打たれる。しかし彼女たちの共同生活は、44年たった今も続いていた。「宗教法人ではない」と語るその正体とは如何に!?


『魚鱗癬と生きる ─遼くんが歩んだ28年─』 ★福岡限定上映

難病「魚鱗癬」を知っていますか?RKB報道部が伴走した軌跡

皮膚が魚の鱗のように硬くなり、剥がれ落ちていく難病「魚鱗癬(ぎょりんせん)」。皮膚をつくる遺伝子の異常によるもので、人にうつることはない。北九州市在住の梅本遼さんは、生まれて28年間、この病気と真正面から向き合い、受け入れて、周囲の偏見と闘ってきた。いつも前向きな遼さんは、辛いことや困難があっても一つ一つ乗り越えて、希望を叶えている。RKB毎日放送報道部が5歳の時から取材を続けてきた記録。


『劇場版 僕と時々もう1人の僕~トゥレット症と生きる~』 ★名古屋限定上映

制御不能な“もう1人の僕”「ヘルプマークあっても変わらない」

ウーバーイーツの配達員の男性は小学生の頃からナゾの病に苦しみ続けていた。街を歩けば「変な人…」と後ろ指をさされ、飲食店に入れば「うるさい!」と叱責されたことも。わざとじゃないのに、突然、もう1人の自分が現れ勝手にしゃべりだす。その病は原因不明、確固たる治療法もなく患者の中には「悪魔の病」という人もいる。あなたも街ですれ違ったことがあるかも…「トゥレット症」と闘っている人と。



「TBS ドキュメンタリー映画祭 2024」3月15日より全国6都市にて順次開催!


テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました