脚本家や演出家、映画監督として活躍する三浦大輔が銀座九劇アカデミアで演技ワークショップを開催!

大手芸能事務所レプロエンタテインメントが運営する、エンタテインメント研究所・銀座九劇アカデミアで、脚本家や演出家、映画監督として活躍する三浦大輔が演技ワークショップ「『映像』『舞台』両方できる役者になるⅡ」を開催。

ワークショップは三浦大輔の、“配信”という視点を取り入れたワークショップで、“三浦作品”がどのように作られていくのかをリアルに体験することができる。銀座九劇アカデミアでの参加に加え、ワークショップの模様をリアルタイムで体験することができる配信クラスも用意される。7月15日(水)から7月25日(土)まで銀座九劇アカデミアで稽古を実施し、その後、7月27日(月)から8月6日(木)までの、一部参加者の選抜稽古期間を経て、8月7日(金)から8月9日(日)に、レプロエンタテインメントが運営する、オンライン型演劇場・浅草九劇での、配信での発表を実施。銀座九劇アカデミアでの稽古、オンライン型演劇場・浅草九劇での発表を通し、ディスカッションの中から生まれる「作品」づくりを体験してみてはいかがだろうか。三浦は自身のSNSで「ワークショップやります!「作品」もつくります!是非、ご参加下さい!!」とコメントを残した。

■ワークショップ概要
・イベント回数
全4回(全日程参加可能な方のみご応募が可能です)
4クラス制(ご希望のクラスをお選びいただきます)
-①②クラス
7月15日(水)①12:00~16:00、②17:00~21:00
7月16日(木)①12:00~16:00、②17:00~21:00
7月22日(水)①12:00~16:00、②17:00~21:00
7月23日(木)①12:00~16:00、②17:00~21:00
-ⒶⒷクラス
7月17日(金)Ⓐ12:00~16:00、Ⓑ17:00~21:00
7月18日(土)Ⓐ12:00~16:00、Ⓑ17:00~21:00
7月24日(金)Ⓐ12:00~16:00、Ⓑ17:00~21:00
7月25日(土)Ⓐ12:00~16:00、Ⓑ17:00~21:00
・参加費
30,000円(税別)
・定員
各クラス10名
※条件18歳以上(未成年の場合は保護者の承諾が必要になります)
※定員に達し次第締め切りとなります。締め切り日時点で応募多数の場合は選考がございます。
※配信クラスでの参加もございます。詳細は公式HPをご確認ください。

・選抜稽古期間
7月27日(月)~8月6日(木)
※稽古時間は未定になります。
※ワークショップ終了後に希望者の中から出演者を選出いたします。(別途、参加費がございます)
・発表期間
8月7日(金)~8月9日(日)
※オンライン型演劇場・浅草九劇での、配信での発表を予定しております。
※オンライン上での鑑賞チケットの販売を予定しております。詳細は公式 HP をご確認ください。
■応募フォーム:https://forms.gle/S6YS1287CAHkSbaA8


三浦大輔 コメント

昨年も同じテーマで開催しましたが、今回はさらに突き詰めたものにしようと考えております。『映像』『舞台』、偏りなくやっている自分だからこそ、伝えられるものがあるはずだと思っています。僕の作品は、同じ作品で『映像化』『舞台化』両方されることが多く、それらのテキストを使い、それぞれの分野においての『役者の才』とは何なのかを、考え、試行錯誤してもらい(答えを見つけるのはなかなか難しいことですが)、ジャンルを問わず、活躍できる役者を目指そうというものが、このワークショップの趣旨です。そして、このご時世の中、一旦、立ち止まっている方も多いかと思います。僕もその中の一人です。あらためて、創り手として『作品をつくる』とはどういうことなのか、役者として『演じる』とは何なのか、また新たな一歩を踏み出すために、皆さんと一緒に考える機会になればとも思っています。そこで、今回のワークショップは、リモート参加という形式を取ろうと思います。実際の現場では、少人数限定のワークショップを行い、それをライブ配信し、リアルタイムで、その模様を拝見してもらい、リモートで質問や疑問点などにも答えようと思っております。なので、地方にお住まいの方、興味はあるが現場に来るのをためらってしまう方など、様々な方が気軽に参加できるようになるかと思います。もしかすると、しばらくは、これがワークショップのスタンダードなカタチになるのかもしれません。新しいワークショップのあり方を、完成度高く、提示したいと思っております。そして、最終的に、今回のワークショップの目指すところは、一つの『作品』をつくるということです。ワークショップ後に、『作品』の参加希望者を集い、オーディションをさせてもらい、稽古期間、準備期間をとって、時流を見極めつつ、そのときにやれる最良のカタチで、『映像』または『舞台』作品、どちらかを発表したいと考えております。この『作品』も、リモートで不特定多数の人が観れるようなカタチにできればと思っています。この期間中、様々な作り手が、色々な方法で、『作品』をつくることに試行錯誤してきました。先のある未来に向けて、今やるべき『作品』とは何なのか、僕なりの考えですが、その一つの『答え』を見出せればと思っています。偉そうですみません。是非、ご参加下さい。

三浦大輔


三浦大輔 プロフィール

1975年12月12日生まれ。北海道出身。脚本家、演出家、映画監督。
早稲田大学の演劇サークルを母体に、96年に演劇ユニット・ポツドールを結成。以降、主宰として全本公演の作・演出を手掛ける。06年、『愛の渦』にて第50回岸田國士戯曲賞受賞。近年の主な舞台『失望の向こう側』(14/作・演出)、『母に欲す』(14/作・演出)、『禁断の裸体』(15/演出)、『娼年』(16/脚本・演出/原作:石田衣良)、『そして僕は途方に暮れる』 (18/作・演出)等。映画作品に『ボーイズ・オン・ザ・ラン』(10/脚本・監督/原作:花沢健吾)、『愛の渦』(14/原作・脚本・
監督)、『何者』(16/脚本・監督/原作:朝井リョウ)、『裏切りの街』(16/原作・脚本・監督)、『娼年』(18/脚本・監督/原作:石田衣良)がある。


銀座九劇アカデミアとは

人と情熱とエンタテインメントが渦巻く劇場・浅草九劇の基盤となり、個々を育む場として銀座九劇アカデミアは誕生いたしました。銀座九劇アカデミアでは、志と覚悟と情熱を持って、自らの個性を磨き輝かせ、確固たる「個」として存在できる「プロフェッショナル」を育みます。「個」が発信する時代だからこそ、「プロフェッショナル」であることが、エンタテインメントの未来には求められていると考えます。プロフェッショナルが出会い、交わり、成長していく集いであり、自由に学び、自由に表現し、自由に想像することができる場・銀座九劇アカデミア。人種、国籍、言語、性別、信条、職業、年齢、経歴、あらゆる違いと隔たりを超えて、才能あるアーティストやクリエイターが集い、渦を描く「座」を目指します。銀座九劇アカデミアでは、エンタテインメントに関わる様々なワークショップを開催しています。これまで、福原充則氏、富岡晃一朗氏(『ベッド&メイキングス』)、小野寺修二氏(『カンパニーデラシネラ』)、長塚圭史氏(『阿佐ヶ谷スパイダース』)、千葉雅子氏(『猫のホテル』)、松村武氏(『カムカムミニキーナ』)、浅沼晋太郎氏(『bpm』)、G2 氏、成井豊氏(『演劇集団キャラメルボックス』)、三浦大輔氏(『ポツドール』)、田村孝裕氏(『ONEOR8』)、蓬莱竜太氏(『モダンスイマーズ』)、コレオグラファーの広崎うらん氏らが上質な演劇ワークショップを展開。また、海外からもニューヨークの演劇学校『ステラ・アドラー・スタジオ・オブ・アクティング』から主任講師を招聘し、本場の演劇ワークショップを開催し、好評を得ました。さらに、演劇以外にも放送作家・倉本美津留氏を招き、お笑いワークショップ『お笑い相談所』を開催。今後も多彩なラインナップで「プロフェッショナル」の育成を行ないます。プロフェッショナルの、プロフェッショナルによる、プロフェッショナルのための“エンタテインメント研究所”、それが『銀座九劇アカデミア』です。

タイトルとURLをコピーしました