雑賀サクラが『Seventeen』初登場から異例の速さで表紙に登場!

モデルの雑賀サクラ(さいが・さくら/15歳)がファッション雑誌『Seventeen』(集英社)初登場から異例の速さで表紙モデルに駆け上った。本日発売の『Seventeen』10月号に清原果耶、秋田汐梨とともに3人で表紙を飾り、注目を集める存在だ。

雑賀サクラ『Seventeen』
雑賀サクラ

雑賀サクラは昨年8月に「ミスセブンティーン2019」に選出され、同誌の専属モデルとなった。その後昨年の『Seventeen』10月号に初登場。今回誌面登場から1年という異例の速さで表紙を飾ることになった雑賀サクラは「ちょうど1年前の私の夢はSTで表紙を飾るということでした」と表紙出演が夢であったことを語り、「『STモ』デビューしてからちょうど1年という、私にとっての記念号にて、まさか表紙を飾らせていただけるとは思ってもいなかったので、本当に嬉しい気持ちでいっぱいです…!このように表紙を飾らせていただくことができたのも、皆様の応援のおかげです。皆様、いつも応援ありがとうございます心から感謝しています。私にとって、とても大切なSeventeen10月号、沢山の方に手に取っていただければ幸いです。」と喜びと感謝の気持ちを残した。


また雑誌Seventeen編集部からは「ファッション感度がとても高くおしゃれセンスが抜群。そしてとっても明るい性格も魅力的。おしゃれな感性がポージングにも表れていて、モデルさんとしてもメキメキと成長しているのを感じます!」と雑賀サクラの印象を話し、今回表紙抜擢の理由として「誌面での見せ方がとてもうまいので、ミスSTに選ばれてSTモデルになってすぐから、スタッフの『ページに起用したい』というラブコールが続出し、ファッションからビューティーまでたくさんの企画で起用されています。STモデルになってまだ約1年ですが、たくさん誌面に出ていることで読者の認知度も高く、人気も号を重ねるごとにどんどん上がっているため今回異例の速さでの表紙モデル抜擢となりました」と明かした。また「現在高校1年生で、ST読者とまさに同世代。明るくて親しみやすいキャラクターを活かした親近感と抜群のセンスを活かした憧れ感が同居する、次世代のスターティーンモデルになると確信しています!」とコメントを残すなど、Seventeen編集部から今後の活躍が期待されているようだ!

『Seventeen』10月号(C)Seventeen/集英社


雑賀サクラ プロフィール

2005年3月31日生まれ。東京都出身。レプロエンタテインメント所属。

幼少期からモデルとして活躍し、姉の雑賀カアネと揃ってCMに出演。「ミスセブンティーン2019」に応募者3,504名の中から雑賀サクラを含む4名が選出。2020年5月14日より姉の雑賀カアネとともに大手芸能事務所レプロエンタテインメント所属になった。

タイトルとURLをコピーしました