スポンサーリンク

南沙良がサプライズ登場し、アニメ愛を語る!「B面」プロジェクトキックオフイベント

2019年8月21日(水)に東京・浅草にて開催された「B面(ビーメン)」プロジェクトのキックオフイベントに女優の南沙良がサプライズで登場し、自身の”アニメ愛”について語った。「B面」とは、“100人の好きと100人のクリエイターがカルチャーを共創する”自由にクリエイティブを発揮できる場所を創るプロジェクト。自分たちの「好き」をレコメンド&キュレーションし合い、定期的にカルチャーイベントを実施、2020年4月18日と19日にはオールジャンルフェス「B面フェス」を開催予定。同フェスに向けて、2019年8月21日(水)より、クラウドファンディングサイトMotion Gallery(モーションギャラリー)にて、クラウドファンディングをスタートさせた。

この日のイベントには、サプライズゲストの南沙良のほか、第1期「B面」キュレーターを務める石井龍(デザインコンサルティングファームTHINKRプロデューサー)、大高健志(クラウドファンディングサービスMotion Gallery代表取締役)、倉本美津留(放送作家)、直井卓俊(SPOTTED PRODUCTIONS代表取締役)、横川良明(演劇ライター)が登壇。


小さい頃から一人で遊ぶのが好きだったという南は、自身がカルチャーにハマったきっかけが、アニメ「黒子のバスケ」だと明かす。「アニメは想像の世界に連れて行ってくれるので、好きになりました。家では時間が許す限り観るのですが、今季のアニメを追うので精一杯です。特に萌えアニメが好き。かわいい女の子が一生懸命頑張っている姿に、日々癒やされるんです」と語った。

「最新のオススメカルチャー」というテーマでは、直井が音楽アーティスト「諭吉佳作/men」、制作「山口ちはる」プロデュース「明日もう君に会えない」という演劇作品を推薦。

石井は「ものすごくサッカーにハマっているんです」という意外な回答。「どのクラブチームにもステートメントがあって、哲学の戦いになっているのが面白いんですよね」と語る。横川は、本谷有希子「本当の旅」という演劇作品をあげ「演劇の手法を、ものすごく高いレベルで解体されているのに興奮しますね」と熱く語った。

大高は、あいちトリエンナーレ2019に参加している「葛宇路(グゥ・ユルー)」をプッシュ。作家の名前の末尾が”路”であることを利用して、北京市内を通る道路に自身の名前を勝手に命名、そこからの顛末をドキュメンタリーにしている…という紹介に、観客も興味津々の様子。

南主演の映画「無限ファンデーション」の話題になると、直井は「すごく極端な映画で。色々なハプニングを乗り越え、最終的に全編即興、一発撮りに挑戦しました。南さんは全然動じていない感じで、堂々とされていました」と明かした。それに対して、倉本は「発明が起こるのは、必要に迫られた時。予定調和だと面白くないし、僕もテレビではそんなことばかりやっていた。スポーツのように、エンタメも予測不能に進化していくのが理想だよね」とコメントした。


「マーケティング的な制約が少なく、アーティストのクリエイティブが自由に発揮できる場所」という想いを込めて名付けられた「B面」プロジェクト。来春開催の「B面フェス」に向けたクラウドファンディングは、500円から参加可能だ。ここから新しいエンタメやカルチャー、才能が生まれる瞬間を、一緒に体験してみてはいかがだろうか。

「B面」とは?

1つのディスクの表と裏、タイトル曲とカップリング曲、それがA面とB面。A面には、ヒットを求められる曲が選ばれる。では、B面にはどんな曲が収録されるのでしょうか? B面に収録されるのは、マーケティング的な制約が少なく、アーティストのクリエイティブが自由に発揮された曲。つまり、A面ではできない先鋭さや実験性を、B面では爆発させることができるのです。

「B面」は、はち切れんばかりの表現欲求を抱えたクリエイターが集まり、出会い、創り、表現し、届いていく場所を目指す。そして、観客である「あなた」にも、新しいエンタメやカルチャー、才能が生まれる瞬間を体験してほしいと思っている。ちょっとだけ欲を言えば、観客であった「あなた」自身にも、「好きなクリエイターと何かを共創したい」「何かを表現したい」という想いを焚き付けられて欲しいのです。「B面は、クリエイターと観客が共創関係にあり、両者の垣根が消えていくようなコミュニティを築いていきたいと思っています。

「B面」Twitterアカウント:https://twitter.com/bmen_sideb


「B面 」が達成したいこと

「B面」は、観客にもクリエイターにも自分の好きなことを自由に楽しんでもらい、自由にクリエイティブを発揮できる“場所”を創ること、そして、その場所をきっかけにした“コミュニティ”を創ることを目標にしている。これを達成するためには、自分の好きなクリエイター&エンタメ&カルチャーをキュレーションしあい、レコメンドしあうことが必要だと思っています。参加者がそれぞれの「好き」を持ち寄って、一緒に「B面を創り上げていけたら、とても嬉しいです。ですので、2020年の「B面フェス」の製作費をご支援いただいた方は、B面コミュニティの会員にもなっていただこうと思っています。コミュニティ会員の方には、定期的に実施する企画の会議やクリエイターのキュレーションにも参加いただき、色々な「好き」を詰め込んでいきます。あなたの「好き」を形にしていき、あなた自身も何かを発表できる。その集大成を2020年4月18日と19日の「B面フェス 」で発表する予定です。


「B面フェス」とは?

2020年4月18日(土)と19日(日)に開催されるカルチャーイベント。場所は浅草九劇という場所で実施。浅草駅からは少し歩くのですが、花やしきのすぐ近くにあります。「B面フェスでは、エンタメ・カルチャーのジャンルは問いません。何かを表現したい!発表したい!という熱意を持ったクリエイターが集まるフェスです。


クラウドファンディングプロジェクトサイト(Motion Gallery)

https://motion-gallery.net/projects/bside_2020