小林聡美主演 映画『ツユクサ』前向きに生きる人たちに贈る、大人のおとぎ話

『かもめ食堂』『めがね』などその自然体な演技で絶大な支持を得てきた小林聡美が主演を務め、安倍照雄によるオリジナル脚本を、『愛を乞うひと』『閉鎖病棟-それぞれの朝-』など、さまざまな視点から人生を描いてきた平山秀幸監督が映画化。旧知の仲である平山と安倍が10年以上あたため続けてきた、過去を抱えながらも「今」を生きる主人公にこれから訪れるだろう幸せや希望を爽やかに映し出した “大人のおとぎ話” 映画『ツユクサ』が2022年4月29日(金・祝)に全国公開される。

©2022「ツユクサ」製作委員会

本日到着した本予告映像は、車を運転中の主人公・五十嵐芙美(小林聡美)の元に隕石が降ってくるシーンから始まる。隕石が人間に当たる確率は1億分の1。50歳を目前にしてそんなありえない出来事に遭遇した芙美は、海岸で月の石を手に「なんだか幸せになれる気がする」と語る。港のある小さな町で一人暮らしをし、年の離れた小さな親友・航平(斎藤汰鷹 ※子役)や、気の置けない仲間たち(平岩紙、江口のりこ)とたわいもない時間を過ごし、おひとり様ながらも健やかな日々を過ごしていた。


そんなある日、この町では見慣れない男性・篠田吾郎(松重豊)と運命的な出会いをする。彼はどこにでもあるツユクサの葉で芙美に草笛を吹いて見せてくれた。抱える過去を知らぬまま惹かれあう2人だが、芙美は「50歳になる前に隕石にぶつかった。篠田さんにも会えた。それでいいんです」と語り、今日を精一杯に生きる中で、日常の中に溢れたささやかな幸せを見つけていく。

スポンサーリンク


また劇中では、渋川清彦、泉谷しげる、ベンガル、水間ロンなどのキャストから、落語家の桃月庵白酒や瀧川鯉昇が味わい深いキャラクターを熱演しているのも見どころ。本作について、小林は「平山監督のぶっきらぼうで温かなまなざしで描かれた「チッチとサリー」のような作品になりました。人生、もう新しいことは何も起きないだろう、と思って暮らしていても、ある日“小さな奇跡”にぶつかる可能性があるかも。そんなことを想像しながら、この作品を楽しんでいただけたらうれしいです。」と温かくコメント。


共演の松重も「俳優としても実生活でも恋愛とは無縁だという自覚を持って暮らしていました。旧知の平山監督からこの作品のお話を頂き、新たな恋路に旅立つ期待と不安を抱きつつ喜んでお引き受けした次第です。」と明かし、「小林聡美さんの透明感溢れる知的な存在感が圧倒的で、そこに惹かれていく男を演じることに、微塵も演技が入る余地はありませんでした。」と小林の持つ魅力を語った。また、平山監督たっての希望で1969年の昭和の名曲、中山千夏の「あなたの心に」(ビクターエンタテインメント)が本作のエンディング曲として起用。まさに、大人の人生にそっと寄り添ってくれるような、ホッコリあたたかい映画が完成した。


映画『ツユクサ』本予告


小林聡美 コメント

平山監督のぶっきらぼうで温かなまなざしで描かれた「チッチとサリー」のような作品になりました。人生、もう新しいことは何も起きないだろう、と思って暮らしていても、ある日“小さな奇跡”にぶつかる可能性があるかも。そんなことを想像しながら、この作品を楽しんでいただけたらうれしいです。


松重豊 コメント

俳優としても実生活でも恋愛とは無縁だという自覚を持って暮らしていました。旧知の平山監督からこの作品のお話を頂き、新たな恋路に旅立つ期待と不安を抱きつつ喜んでお引き受けした次第です。全編を通じて主演の小林聡美さんの透明感溢れる知的な存在感が圧倒的で、そこに惹かれていく男を演じることに、微塵も演技が入る余地はありませんでした。


スポンサーリンク

映画『ツユクサ』

出演:小林聡美
平岩紙 斎藤汰鷹 江口のりこ
桃月庵白酒 水間ロン 鈴木聖奈 瀧川鯉昇
渋川清彦/泉谷しげる/ベンガル
松重豊

監督:平山秀幸

脚本:安部照雄

音楽:安川午朗

主題歌:中山千夏「あなたの心に」(ビクターエンタテインメント)

配給:東京テアトル

©2022「ツユクサ」製作委員会

公式サイト:https://tsuyukusa-movie.jp/


4月29日(金・祝)より全国公開!

タイトルとURLをコピーしました