映画『初仕事』初日舞台挨拶。8年越しの公開に小山駿助監督が心境を語る!

記事内に広告が含まれています。

映画『初仕事』が7月2日(土)に公開を迎え、東京・新宿K’s cinemaにて初日舞台挨拶が開催、小山駿助監督、出演者の澤田栄一、橋口勇輝、武田知久、白石花子が登壇し、8年がかりで製作した本作が公開を迎えた心境を語った。

赤ん坊の遺体撮影を依頼された若きカメラマンと依頼主の父親の奇妙な交流が綴られる本作。「最愛の人の死とどう向き合うか」という問題を繊細に、しかし力強く描き出す。第33回東京国際映画祭にてプレミア上映され、第21回TAMA NEW WAVEコンペティションではグランプリとベスト男優賞に輝いた。


公開を迎えた今の気持ちを聞かれた小山駿助監督は、「製作から公開まで、忙しく走りました。一緒に走ってくれたみなさんに感謝したいです」としみじみと嬉しそうな表情。カメラが普及した時代に世界中で亡くなった人の写真を撮るという文化が発生した、という事柄を知ったことが製作のきっかけになったと語る小山監督。「現在の日本で実際に行ったらどうなるのかなという興味を持ったことが出発になりました」と続ける。また死んだ娘の写真撮影を依頼する男・安斎役で出演もした小山監督「キャストへの意志伝達に時間をかけずに済むんです。また一人で撮影してしまえるのも利点でした。」と明かした。


続けて、遺体撮影を依頼されるカメラマンアシスタントの山下を演じた澤田栄一は、「20代前半の時期だったので、分からないながらもがむしゃらにやっていた現場でした。僕も(演じた)山下と同じく、一つのことに取り組むと周りが見えなくなってしまうタイプ。小山監督はそこをわかってくれて少し当て書きしてくれたのかなと思っています。」と語ると、小山監督は深くうなずいた。山下の同僚・北館を演じた武田知久や山下の先輩・和夫を演じた橋口勇輝も、役柄について小山監督とディスカッションを繰り広げたことを明かした。さらに白石花子が、演じた真知子が和夫を尻に敷く役だったので、日頃から和夫役の橋口にも実践していた明かすと、会場からは笑いが漏れた。終盤には、劇中で赤ん坊を演じた撮影当時0歳の中村安奈が登場する一幕も。会場からは拍手が湧き上がった。


最後には、小山監督が「大切な方を亡くした方が1日も早く平常時に戻れる力になれる映画になっていれば良いなと思います。本当に観て頂いてありがとうございますとしか言えません」とメッセージを送り、舞台挨拶は終了となった。『初仕事』は新宿K’s cinemaほか全国順次公開中。K’s cinemaでは期間中トークイベントも予定されている。



映画『初仕事』

映画『初仕事』

出演:澤田栄一 小山駿助 橋口勇輝 武田知久 白石花子 竹田邦彦 細山萌子 中村安那

監督・出演・脚本・絵コンテ・編集:小山駿助

音楽:中村太紀

配給宣伝:ムービー・アクト・プロジェクト 

配給協力:ミカタ・エンタテインメント

©2020「初仕事」

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました