初(福地桃子)が泰時(坂口健太郎)にビンタ!『鎌倉殿の13人』ぶつかり合って見えてくる思いとは?

小栗旬が主演を務め現在放送中の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』。坂口健太郎演じる北条泰時の妻・初(はつ)役で出演中の福地桃子(ふくち・ももこ)は放送第34回「理想の結婚」にも登場。

※以下、ネタバレあり

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』第34回「理想の結婚」
大河ドラマ『鎌倉殿の13人』第34回「理想の結婚」

福地は第34回では、北条義時(小栗旬)と北条泰時(坂口健太郎)との3人のシーンで登場。義時が「のえ」(菊地凛子)という女性との関係が良好であることを伝えている場面。ところが、義時の前妻である「比奈」(堀田真由)のことを考えると、新しい女性との関係が始まりつつあることがどうしても許せなかった泰時は、父上である義時に向かって「どれも言い訳」「自業自得だ」「父上には人の心がないのですか」などと、思いやりのない言葉を次々と投げつける。そんな中、初(はつ)は、言葉が止まらない泰時の頬に平手打ちをする。思わず手を出してしまった初(はつ)だが、その場を去っていく泰時を気にしながら、父上である義時に「わかってると思うんです。あの人だって。」「比奈さんがいてくれてどんなに救われたか、よく話してくれます。わかってはいるんです。」と、泰時の気持ちを代弁するかのように話す。冒頭に家族としての衝突があったものの、義時と泰時の関係を崩させない初(はつ)の自然なふるまいと、妻としてしっかり泰時を思う気持ちが伝わってくるようなシーンとなった。

スポンサーリンク


福地は、北条泰時(坂口健太郎)の妻「初」を演じる。福地が演じる初は北条義時(小栗旬)の盟友である三浦義村(山本耕史)と出自不明の女性の間に生まれた娘。そうした出生の不確かさに反し、鎌倉幕府の最有力者である北条に嫁ぎ、名宰相として後世に名を残すこととなる北条泰時の妻にして北条家嫡流の母となる人物。義村らが西国遠征する際は八重(新垣結衣)のもとに預けられ、金剛とともに育てられる。北条泰時と幼馴染として育ち、泰時を支える存在となる初は物語に今後どのように関わっていくのか。



福地桃子 プロフィール

福地桃子
福地桃子

1997年10月26日生まれ。東京都出身。レプロエンタテインメント所属。

2019年、連続テレビ小説『なつぞら』に夕見子役で出演。テレビドラマ『#リモラブ~普通の恋は邪道~』、『女子高生の無駄づかい』、映画「あの日のオルガン」など、幅広く出演。2022年は、映画『サバカン』、7月スタートの日本テレビシンドラ『消しゴムをくれた女子を好きになった』ではヒロインとして出演が決定。また主演映画『あの娘は知らない』が9月23日(金・祝)公開予定。

タイトルとURLをコピーしました