福地桃子がドラマ『霊媒探偵・城塚翡翠』にゲスト出演!不可解な事件の“超重要人物”を熱演!

10月16日より日本テレビ系にて放送がスタートした、新日曜ドラマ『霊媒探偵・城塚翡翠』
第1話のゲストに、女優の福地桃子が出演。福地は、香月史郎(瀬戸康史)の大学の後輩で、大手ブライダルプロデュース会社に勤める小林舞衣役として、物語のカギを握る重要人物を演じた。

福地桃子/ドラマ『霊媒探偵・城塚翡翠』
福地桃子/ドラマ『霊媒探偵・城塚翡翠』

舞衣の親友であるデパートの受付・倉持結花(田辺桃子)は、「泣いている女が自分を見ている」という奇妙な夢に悩まされ、“霊媒師”城塚翡翠(清原果耶)のもとを訪れたところから、物語は予想外の方向に動き出す。


そんなある日、香月と城塚が倉持結花の自宅を尋ねると、そこには頭から血を流し、仰向けで倒れている倉持がいた。福地桃子演じる小林麻衣は、その倉持の友人でありながらも、誤って殺害してしまった“犯人”として登場。放送後、SNS上では「いつもの役とは雰囲気が違った。さすがの演技力」「福地桃子さんはやっぱり声が良い」「絶妙な表情が良かった」など、幅の広い役を演じられる“演技力”に関することや、福地桃子の持つ独特の“声” が魅力的だ とかかれたコメントが多く見られた。


これまでは“穏やかな役” “凛々しい役”を演じることの多い福地桃子だったが、今回の作品では、新鮮な一面を見ることができる。新日曜ドラマ「霊媒探偵・城塚翡翠」は毎週日曜よる22時30分より放送。物語は、今後どのように展開していくのか?楽しみに待ちたい。

スポンサーリンク



新日曜ドラマ『霊媒探偵・城塚翡翠』

出演:清原果耶、小芝風花、田中道子、及川光博、瀬戸康史 ほか

原作:相沢沙呼『medium 霊媒探偵城塚翡翠』(講談社文庫)

脚本:佐藤友治

脚本協力:相沢沙呼

音楽:Justin Frieden

主題歌:福山雅治「妖」(アミューズ/ユニバーサルJ)

チーフプロデューサー:田中宏史、石尾純

統轄プロデューサー:荻野哲弘

プロデューサー:古林茉莉、柳内久仁子(AX-ON)

協力プロデューサー:藤村直人

演出:菅原伸太郎、南雲聖一 ほか

制作協力:AX-ON

製作著作:日本テレビ


日本テレビ系にて毎週日曜よる22時30分より放送

タイトルとURLをコピーしました