秋谷百音が加藤綾佳監督の新作映画『東京遭難』ヒロインに抜擢!

記事内に広告が含まれています。

注目の若手女優・秋谷百音(あきたに もね)が、加藤綾佳監督が手掛ける新作映画『東京遭難』のヒロインに抜擢。

映画『東京遭難』
映画『東京遭難』

映画『東京遭難』は、加藤綾佳監督が長きに渡り構想していたという作品で、木原勝利演じる主人公と秋谷演じるヒロインが織りなす、東京近郊を舞台とした互いを知らない二人による三日間のロードムービー。


秋谷は、主人公・柳進一(木原勝利)がある日突然出会う女性・えりな役を演じる。ある日、えりなが主人公・進一を助けたことをきっかけに、半ば強引に始まる、えりなと進一の人探しの旅。どこに向かうのかも知らされぬまま、二人の旅が始まる…。

スポンサーリンク



秋谷百音(あきたに もね)コメント

秋谷百音
秋谷百音

旅の中で観た、解体され消えていく観覧車。今まで観ていたあの大きさのものがまっさらに失くなると思うと、不安と焦りに駆られました。恐れを持ってあの景色を記憶していますが、いつか思い出す時には、しみじみと淡く美しい記憶に変わっているかもしれません。美化してしまう過去も美化されない過去も、どちらかが正解ではなく、すべて受け入れられるようになりたいです。偶然すぎるバラバラな2人の出会いは、どんな記憶になったんでしょうか。2人の行先が沢山の人に見届けて頂けますように。そして、沢山の人の記憶になりますように。


映画『東京遭難』
ストーリー

ある夜、サラリーマンの柳進一は相当な量の酒を飲まされ、最終電車の終着駅で目を覚ます。手元に財布や携帯電話はなく、ポケットの中に入っていたのは僅かな小銭と顔も覚えていないホステス “えりな”の名刺だけだった。翌朝、ホテルで目を覚ます進一。目の前にはえりなと思われる女性の姿があった。助けてもらえたと安堵する進一だが、えりなは進一を助けた代わりに今度は三日間、自身の人探しを手伝えと言いだす。半ば脅されるような形でえりなに従う進一。どこに向かうのかも知らされぬまま、二人の旅が始まるー。


2023年11月18日(土)より新宿K’sシネマほか全国順次公開

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました