植田雅が主演の映画『階段の先には踊り場がある』池袋シネマ・ロサにて公開決定!予告編が解禁!!

若手女優・植田雅(うえだ・みやび)が主演を務める映画『階段の先には踊り場がある』が2022年3月19日(土)より池袋シネマ・ロサほか全国公開が決定。同時に公式ホームページ、予告編、キービジュアル、場面写真が解禁となった。

植田雅『階段の先には踊り場がある』
映画『階段の先には踊り場がある』キービジュアル

大学生の初々しい恋愛と、常に円満とはいかない人間関係の難しさ、そして夢に向かう希望と挫折を笑えるユーモア交えて描いた作品。脚本・監督を担当した木村聡志は、2018年に初の長編映画『恋愛依存症の女』で劇場デビューを果たし、同年池袋シネマ・ロサのレイトショー動員記録を樹立した新鋭の監督。

©Soichiro Suizu
©Soichiro Suizu

主人公・ゆっこを演じるのは、注目の若手女優・植田雅。映画『別に、友達とかじゃない』(20’)で主演を務め、本作で長編映画主演は2度目。木村監督は「彼女は繊細で無色透明。と同時に何色にも変化する力強さを感じる」とその演技に注目。先輩役には映画『うみべの女の子(21’)、『シチュエーションラヴ』(21’)など話題作への出演が続く俳優でモデルの平井亜門。思わせぶりでちょっぴりクセのあるキャラクターに挑戦している。

©Soichiro Suizu
©Soichiro Suizu

さらに、多部役には2019年度キネマ旬報新人女優賞ノミネートや映画『猫は逃げた』(22’)、『よだかの片想い』(22’) の出演など評価が高まる手島実優、滝役には『佐々木、イン、マイマイン』(20’)などに出演の細川岳、港役には2019年ミスiDファイナリスト「VOCE 賞」、「フェアプレー賞」ダブル受賞などモデル・役者として活躍する朝木ちひろが出演している。

スポンサーリンク


本作品は、多種多様な“感動”を肯定し、観客の“心を揺さぶる”企画を全国から募集した、レプロエンタテインメントが製作する映画企画“感動シネマアワード”のグランプリ受賞作であり、レプロ出資のもと製作された。


©Soichiro Suizu
©Soichiro Suizu
©Soichiro Suizu
©Soichiro Suizu
©Soichiro Suizu
©Soichiro Suizu
ストーリー

ダンサーを目指し芸大の舞踊科に通うゆっこは、同じ大学の演劇科に通う元カレの先輩と別れた後も同棲を続けている。お互いを応援する“いいパートナー”だと呼び合うが、最近は夢をかけた留学、そして先輩と急接近する友人・多部ちゃんの存在が気に掛かる。一方、社会人の滝は平穏な日々を送っているが、長年交際している港から結婚を意識させられ困惑していた。将来が見えない滝は、大学生のときに味わったある挫折を今も引きずっていたのだ。望まない方向に動きだす日々の先で、彼らは何を語り合うのか――。


『階段の先には踊り場がある』予告編:https://www.youtube.com/watch?v=XW2Zad3vwK4



映画『階段の先には踊り場がある』

出演:

  • 植田雅
  • 平井亜門
  • 手島実優
  • 細川岳
  • 朝木ちひろ
  • 安楽涼
  • 松森モヘー
  • 地道元春
  • 益山U☆G
  • 長野こうへい
  • 高橋良浩
  • つじかりん
  • 寺田華佳
  • 浅森咲希奈
  • 須田マドカ
  • 苅田裕介
  • 大山大
  • 野島健矢
  • 異儀田夏葉
  • 藤田健彦
  • 湯舟すぴか
  • 山口森広

脚本・監督・編集:木村聡志

エグゼクティブ・プロデューサー:本間憲

製作・配給:レプロエンタテインメント

©LesPros entertainment

公式サイト:https://kaidan.lespros.co.jp/


2022年3月19日(土)より池袋シネマ・ロサほか全国公開

タイトルとURLをコピーしました