乃木坂46松村沙友理「ワインには人と人をつなぐ魔法のパワーがある」映画『東京ワイン会ピープル』完成披露試写会

スポンサーリンク

2019年10月2日(水)東京・イオンシネマ板橋にて乃木坂46松村沙友理が主演の映画『東京ワイン会ピープル』完成披露試写会が行われ出演者の松村沙友理、大野いと、小野塚勇人、少路勇介、藤岡沙也香、近藤雄介、尾崎明日香、監督を務めた和田秀樹、スペシャルゲストに原作者の樹林伸が登場した。

同作は松村沙友理(桜木紫野)がワイン会への参加を通じてワインの世界へと惹かれていくOLのロマンチックな物語。映画初主演の松村は、完成した作品をいち早く観た観客を前に「この場にいる皆さんの反応が私達もイチバン気になるし、何よりも大切なので、ちょっと聞いてみたいと思います。皆さん、映画は楽しんでいただきましたかー!?」と問いかけ、観客から拍手が返ってくると「バッチリみたいです。よかったですー。ニコニコ」と嬉しそうに答えた。幻のワインが開けられていた贅沢な撮影現場について松村は「本物の素晴らしいワインをたくさん体験することが出来て、とても光栄でしたし、作品の中で出てくるシャトーマルゴーが香水みたいで、撮影でずっとその場に置いていたら、部屋が一面、シャトーマルゴーの香りになり、本当に香水みたいで、そういうのを体験出来たのが良かったです」と撮影の秘話を明かした。実際どのようなワイン会に誘われたいか問われ松村は「うーーーーん。おいしいワインとおいしいおつまみがあったらいいなと思います。作品の中で料理にスタッフさんが手間をかけてくれて、ワインを楽しむためのお料理も大切だと思いました」とポツリ。最後の挨拶で松村は映画について「ワインには人と人をつなぐ魔法のパワーがあるをテーマに素敵な作品が出来たと自信を持って言えます。私自身も、この作品を通して、たくさんの方々と出会いがあればいいなと思います」と話し「私もワインの魅力に取りつかれてしまったので、これからワインの勉強をして、いつか皆さんに知識を披露できればいいな。エヘヘ」と感想を述べ完成披露試写会を終えた。

映画『東京ワイン会ピープル』は2019年10月4日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、イオンシネマにて公開。

スポンサーリンク

ストーリー

都会で働くOLの桜木紫野(松村沙友理)は会社の上司の誘いでワイン会に参加する。どう見てもブルジョアな会合に馴染めない紫野だが、その参加者の男性・織田一志(小野塚勇人)と意気投合する。ワインを良く知り、成功者の気品が鼻につかない織田に紫野は惹かれていく。しかし後日、織田は粉飾決済で逮捕される。若き実業家の逮捕はニュースにもなり困惑する紫野。だが紳士的な振る舞いとその織田が奨めるワインには嘘がないと信じて紫野はワイン会へと参加を続けていく。そして更なるワイン会メンバーとの出会いが紫野をワインの魅力に引き込んでいく事に…。

映画『東京ワイン会ピープル』予告編 和田秀樹監督versions


映画『東京ワイン会ピープル』公式サイト:https://tokyo-wine-party-people.com/


映画『東京ワイン会ピープル』は2019年10月4日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、イオンシネマにて公開