「第25回 ニコラモデルオーディション」グランプリ5名が決定!新垣結衣、川口春奈を輩出した芸能界の登竜門【2021】

記事内に広告が含まれています。

女子中学生ナンバーワンファッション誌「ニコラ」(新潮社刊)の専属モデルオーディション。今年で 25回目を迎え、過去には新垣結衣、川口春奈、池田エライザ、松井愛莉、久間田琳加、南沙良といった数々の人気女優を輩出してきた。今年の応募総数10104通から選ばれたのは、現在中2の池端杏慈(アンジ)、中1の榎本月海(ルミ)、川原美杏(ミアン)、吉本麗南(レイナ)、小学6年生の伊藤沙音(シャノン)の5名。9月1日(水)発売の「ニコラ」10月号巻頭で発表となった。

写真左より、池端杏慈・伊藤沙音・榎本月海・川原美杏・吉本麗南

「今年はネット応募が6498通と、全体の3分の2を占めました。これまでは、”ニコラが大好きな読者がニコモになる”というパターンが多かったように思います。しかし今年は、”SNSで広告を見て応募した”という子も多く、応募者のタイプの変化を感じました。中学生と思えない大人っぽさを秘めた子や、これからどんどん変化しそうな原石など、個性ある5人を採用できたと自負しております!今後の活躍にぜひご注目ください!」と二コラ編集長の小島知夏はコメントを残した。

スポンサーリンク


最終オーディション密着映像と、新モデル初のインタビュー映像

9月2日(木)17:00にニコラの公式動画チャンネル「ニコラTV」にて公開された最終オーディション密着映像では、ニコラ編集部による審査の様子、新モデルのカメラテスト映像、初インタビューが収録。緊張感が伝わる撮影の裏側や、新モデルたちが語るニコラへの想い、さらには編集長から合格を伝えられた際の反応にも注目だ!


【グランプリ決定!】新二コラ専属モデル初公開!オーディション最終審査に密着



グランプリ5名のプロフィール

池端杏慈(いけはた・あんじ)

「かっこいいとかわいいの両方を表現できるニコモになりたい」(アンジ)

池端杏慈

2007年9月8日生まれ。東京都出身。

一見クールだけど、チャーミングな笑顔のギャップも魅力。堂々としたポージングに審査員も圧倒されました!



榎本月海(えのもと・るみ)

「3回目のチャレンジでしたが、諦めなくてよかった!」(ルミ)

榎本月海

2009年3月16日生まれ。静岡県出身。

「本当に中1⁉︎」と応援にきたニコモたちも驚愕した抜群のスタイルの持ち主。ヤンチャな表情もキュート♡



川原美杏(かわはら・みあん)

「読者の皆さんの憧れになるようなニコモを目指す」(ミアン)

川原美杏

2008年5月31日生まれ。東京都出身。

大人びた雰囲気で、私服もおしゃれと話題に。ハーフっぽい美人さんで、憧れニコモになること間違いなし!



吉本麗南(よしもと・れいな)

「メイクやファッションの勉強をして成長したい」(レイナ)

吉本麗南

2008年12月4日生まれ。東京都出身。

クリっとしたかわいい瞳とやさしい笑顔ができる癒されキャラ。身長はあまり高くないけれど、全身のバランスがいいところもポイント!



伊藤沙音(いとう・しゃのん)

「みんなのお手本になれるよう頑張りたい」(シャノン)

伊藤沙音

2009年9月22日生まれ。東京都出身。

笑顔やポーズも未熟だったが、審査中にどんどんできるようになり伸びしろを感じた唯一の小学生。甘えん坊に見えて実はしっかり者!



グランプリ5名加入後のニコ㋲

  • 高1:池未来実、平澤遙、広瀬まのか、湊胡遥、北川花音、野崎奈菜、深尾あむ、阿部ここは、林芽亜里
  • 組橋星奈、宮本和奏、田中南、太田雫、凛美、関谷瑠紀、高比良由菜
  • 中2:近藤結良、河村果歩、足川結珠、佐藤菜月海、髙橋快空、藤野有紗、近藤藍月、中山あやか、池端杏慈
  • 中1:吉岡優奈、林美央子、榎本月海、川原美杏、吉本麗南
  • 小6:伊藤沙音



ニコラモデルオーディションとは

2001年に新垣結衣、2007年に川口春奈、2009年に池田エライザ・藤田ニコル、2012年に久間田琳加、近年では秋田汐梨、南沙良などを輩出。過去には、蒼井優、飯豊まりえ、永野芽郁、清原果耶も活躍。ニコラ本誌では、応募写真や審査風景を公開、応募のきっかけやこれからの意気込みなどを掲載中!

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました