大西流星「制服のシーンで、気持ちもフレッシュに!」映画『この子は邪悪』大ヒット舞台挨拶

予想外のストーリーとタイトルの伏線回収でSNSで大バズり中の映画『この子は邪悪』。大ヒット御礼舞台挨拶が9月17日(土)新宿バルト9で開催され、出演者の南沙良、大西流星、監督を務めた片岡翔が登壇。司会はフリーアナウンサーの青木源太が担当した。

映画『この子は邪悪』大ヒット御礼舞台挨拶
映画『この子は邪悪』大ヒット御礼舞台挨拶

“おかわり邪悪”こと2度目3度目とリピーター続出の本作。イベントではSNSで集められた質問に答えることに。もし窪 花(南沙良)と四井 純(大西流星)の役を交換して演じることになったらとの問いに南は「お父さん(玉木宏)と四井 純君が取っ組み合いになるシーンがあるのですが、そのシーンを演じるのは難しそうだな」と感じたそう。大西は「映像でも実際でも激しかったのですが、玉木さんが優しく構えていてくれたので出来ました」と答える。逆に窪花役について大西は「窪 繭子(桜井ユキ)さんのホクロを取るシーンは緊張感溢れて大変だな」と感じたそう。南は「怖かったです(笑)」と微笑んだ。また大西は「演じてみたいのは窪 月役ですね。仮面を付けてお芝居するのは表現することが限られるので、その難しさを乗り越えてみたい」と意気込みを見せる。

南沙良
大西流星

撮影時の衣装で気に入ったものに南は「全部可愛かったのですが、白いシャツで肩がフワッとしていて、花柄のスカートのが好きでした」。大西は「撮影時には高校を卒業していたのですが、制服のシーンが多かったので、ちょっと若返って気持ちもフレッシュになりました」と返答。

スポンサーリンク


映画を観た人の感想に大西は「ホラー映画が苦手な高校の友達にウサギが出てきて、ファンタジーな映画に出ると教えたら、案の定『嘘つくなや!』」とのリアクションが返ってきたそう。大西は「そう言わないと『怖いから』躊躇される」と思ったと苦笑い。監督の片岡は「大西くんは間違ってなく、僕は全部可愛いと思っているんで。出演者は全員可愛いし、ウサギも可愛いし、ぬいぐるみも可愛い。不思議の国のアリスみたいでファンタジーでメルヘン」と自信満々に答えた。

南沙良
南沙良
大西流星
大西流星

最後の挨拶で南は「この映画は何度観ても楽しめる映画だと思うので、面白いと感じたら周りの方に勧めていただけたら」。大西は「映画を観終わった後に心がスッキリする作品では無いですが、間隔を開けて、また観てもらえると答え合わせで、作品のより深いところが知れる作品です」と話し、舞台挨拶を終えた。映画『この子は邪悪』は大ヒット上映中。

南沙良



『この子は邪悪』予告編




映画『この子は邪悪』

出演:

  • 南沙良
  • 大西流星(なにわ男子)
  • 桜井ユキ
  • 渡辺さくら
  • 桜木梨奈
  • 稲川実代子
  • 二ノ宮隆太郎
  • 玉木宏

監督・脚本:片岡翔

音楽:渡邊琢磨

主題歌:ゲスの極み乙女「悪夢のおまけ」(TACO RECORDS / WARNER MUSIC JAPAN)

製作:「この子は邪悪」製作委員会(カルチュア・エンタテインメント、ハピネットファントム・スタジオ、C&Iエンタテインメント、TCエンタテインメント)

製作幹事:カルチュア・エンタテインメント

制作プロダクション:C&Iエンタテインメント Lamp.

配給:ハピネットファントム・スタジオ

TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2017準グランプリ作品

Ⓒ2022「この子は邪悪」製作委員会

公式サイト:https://happinet-phantom.com/konokohajyaaku/


映画『この子は邪悪』大ヒット上映中!

タイトルとURLをコピーしました